<<語彙力、雑談力、教養力など、日常的な会話で問われる「言葉」に関する書籍が支持されている。


しかし、元・東レ経営研究所社長の佐々木常夫氏は「知識だけをいくら集めても、『本当の教養』は身につかない」と断言し、「ビジネスマンにおける教養とは、成果に結びつくものではならない」と提唱する。

ここでは、成果を出すのに必要な「ビジネスマンが身につけたい本当の教養」における、「自分自身を冷静に見ることの大切さ」について紹介する。>>

※本記事は、佐々木常夫著『人生の教養』(ポプラ社)より、一部を抜粋編集したものです。

自分を冷静に眺める目を持てば、制限時間をオーバーすることはない

自分が他人からどう見られているかという客観的な視点の備えがあるのとないのとでは、自分の言動やふるまいに大きな差が生まれます。つまり、自分を冷静に眺める目。これも教養に欠かせないひとつの大きな要素なのです。

私の経験でも、スピーチやパネルディスカッションなどの場で、あらかじめ割り振られた発言の持ち時間を守らない人がいます。

自説をとくとくと、あるいはだらだらと牛のヨダレみたいに長引かせて制限時間をオーバーする。それでいながら、他の人の発言時間を奪っていることや全体の時間が長引くことへの配慮や反省の様子はみじんもなく、少しも悪びれない。そんな人です。

あくまで自分本位で相手のこと、主催者や聴衆のことは考慮に入れていない。そうして周囲から自分のふるまいがどう見られているかという客観的な視点にも欠けている。「自分を見る目」がひどく鈍いのです。

一方で、前の人の発言が3分延びたのを、自分の発言を3分短くすることで調節するような気づかいの人もいます。それも、いいたいことをカットしているのではなく、発言内容を凝縮することで、いいたいことはちゃんと伝えたうえでの対応です。

この人の職業は大学の先生でした。さすがは講義のプロだと感心させられたものです。

老子に「知人者智、自知者明(人を知る者は智なり、自らを知る者は明なり)」という言葉があります。ある程度の知性があれば、他人を洞察することはできる。しかし、自らを知ることは、より深い洞察力をもった聡明な人間にしかできないという意味です。

この自らを知る「明」こそ、教養に必須の要件といえますが、人間が人を見る目はたいてい「他人に厳しく、自分に甘い」のが相場です。自分の能力は過大評価するが、他人のそれは過小評価する傾向にあるのがわれわれ凡人のつねなのです。

自分を見る目は必ず甘くなる――だからこそ、自分が人からどう見られているかという客観的な視線を意識することが大切になってきます。

その外から自分を見つめる目がないと、「品のない、無教養な人だな」と静かに断罪されることにもなりかねません。

先入観や勘違いを押し付けない

自己評価は甘くなるという点についてはこんなこともありました。

私は以前、日本を訪れる外国人観光客の数をどう増やしていったらいいかという課題を検討するために政府の審議会に呼ばれたことがあります。

そこで、当事者である観光業者や有識者、官僚が参加した議論の内容にどうも的外れな感じを抱いたのですが、何がどう的外れなのか、うまく説明できなくて、われながら内心イライラしていたのです。

その後、『新・観光立国論』(東洋経済新報社)という本を読む機会があって、そのイライラが、霧が晴れたようにきれいに拭われる気がしました。

著者はデービッド・アトキンソンさんという日本在住の英国人。わが国の国宝や文化財に造詣が深く、その保護活動にも熱心な人です。

彼はその本で、観光というものに関する日本人の「勘違い」や問題のありかをズバリ指摘しています。それを読んで私も大いに納得させられたのです。

日本の観光的魅力というと、私たちはすぐに親切な国民性、清潔な街並み、治安のよさ、こまやかで行き届いたサービスなどをあげます。

しかしアトキンソンさんいわく、観光立国の条件とはじつは気候、自然、文化、食事の四つの条件に集約されるものであり、日本はこの四条件をすべて満たす稀有な国でありながら、その観光資源を十分に生かしきれていないと指摘しています。

たとえば、気配りやマナー、サービスや治安のよさなどを利点としてあげるのは、「かなり的の外れた観光アピール」であり、そうしたものを味わうために旅行客はわざわざ十数時間の飛行機に乗ったりはしないといいます。

日本人が誇る「おもてなし」も、アトキンソンさんにいわせると、それだけでは観光の動機としては不十分であり、「観光客を呼ぶ誘因」にはなりえない。

そう述べながら、「日本が『世界に誇るおもてなし文化』ということを世界に向かって声高に叫べば叫ぶほど、外国人は冷ややかになっていってしまうのです」と、日本人にはかなり耳の痛い指摘をしています。

そんな自画自賛的な先入観や勘違いの押しつけをあらためることから始めないと、世界のし烈な観光競争に勝つことはできないのではないか―というのがアトキンソンさんの主張の骨子です。

どうでしょう。長所や優位性だと思い込んでいたことの裏側に潜む落とし穴のようなものをズバリ言い当てられたような気がしませんか。

そうして、自己評価の過大さや甘さを指摘されたような気にならないでしょうか。そう感じるのはきっと私だけではないはずです。