「片づけが苦手」「捨てるものを選べない」。その原因は、「脳のクセ」にあるそうです。

片づけが得意な「片づけ脳」になるための脳番地トレーニングを解説したのが、『片づけ脳 部屋も頭もスッキリする!』(自由国民社)。

著者である加藤俊徳さんは、1万人以上を脳画像診断し、診断・治療してきた経験から、『脳の強化書』などのベストセラーを生み出してきた脳内科医です。実は「片づけ」には思わぬ効用があるといいます。

その効用とは? 「片づけ脳」を身につけて、高い生産性と創造性を発想できる人になるための秘訣をお聞きしました。(記事提供:本の要約サイト「flier」)


脱・片づけベタのカギは「弱い脳番地」を知ることにアリ

── 『片づけ脳 部屋も頭もスッキリする!』は、片づけ×脳科学という着眼点が斬新だと感じました。加藤さんがこの本で一番伝えたかったメッセージは何ですか。

1つは、片づけられないと悩む人には、まずは自分の脳の個性を知ってほしいということです。

これまで1万人以上の脳画像診断を行うなかで、脳にはさまざまな役割が与えられた、1000億個以上の神経細胞などで構成され、日々の刺激で成長していくことがわかりました。これらの細胞が集まった場所を、「脳番地」と名づけ、機能別に8つの区分に分類しています。

具体的には、視覚系、理解系、運動系、思考系、記憶系、感情系、聴覚系、伝達系です。

脳を鍛えるというと、1つの脳トレをこなせば脳全体が強化されるイメージがありませんか? 実は、これまでの脳トレは一人ひとりの脳の個性に対応していなかったのです。

本来なら、脳番地のどこが強いか、弱いかは人によってさまざま。なぜなら人間は、過去の記憶という名の経験によってつくられたネットワークを脳内に張り巡らしており、脳とは、その人の人生経験や記憶の集大成だからです。

たとえば、「小さい頃から運動が好きで運動系脳番地は鍛えられている。けれども、人に何かを伝えるのは苦手で伝達系脳番地は成長の余地がある」といったことが当然あるわけです。

大事なのは、「自分の脳に合った方法で、脳の強みを伸ばし、弱みを補強する」という発想です。『片づけ脳 部屋も頭もスッキリする!』では、脳番地のどこが弱いのかを知るチェックリストもあります。

視覚系脳番地が弱い人は、散らかっていても気にならず、放置してしまう。記憶系脳番地が弱い人は、置いた場所を覚えていない。このように、片づけが上手くいかない理由に応じたアプローチが必要です。 自分の脳番地の傾向に応じたトレーニングを続けると、片づけが得意になります。


片づけは、内省を深める絶好のチャンス

── 片づけ脳が身につくと、片づけが得意になる以外にもメリットがあると聞きました。詳しくお聞きしたいです。

片づけ脳がもたらしてくれるメリットは、会話が上手になる、観察力が身につく、集中力が上がるなど、多岐にわたります。なぜそんなにいいことづくめかというと、片づけを通じて内省を深められるからなんです。これが本書で伝えたかったもう1つのメッセージです。

── 内省を深められるのはなぜなのでしょう?

片づけの最中は、目の前にあるモノを捨てるかどうか判断したり、手を動かして整理したりしますよね。このとき、普段意識していない自分の判断基準が明らかになります。

見ないふりをして机の上に積み上げてきたものや、棚や箱にしまってきたもの。これらは、自分がたどってきた軌跡そのものといっていい。整理整頓をするときには、それを客観視することになります。

私も片づけを通じて自己理解が進んだ経験があります。片づけの本を書いておきながら、昔は片づけが大の苦手で……。思い入れがあるものをとにかくため込んでいました。

しかし、内省するうちに、ものを捨てられないのは、「自分の経験や成果がなくなるのではないかという恐怖があったから」だと気づいたのです。

内省は自分の理想に近づくための大事な時間でもあります。片づかないものを見ながら、「これからどんな未来にしていきたいのか?」と自問する。

そして、自分が望む未来と現状にギャップがあると感じたら、それを埋めるために「何をなすべきか」を選択していくのです。片づけというのはこのように、内省を深めて、自分の価値判断を効率よく磨く絶好のチャンスなんですよ。

── 片づけの見方が変わりました! 理想に近づけるという意味では、日本だけでなく欧米でも話題になっている『人生がときめく片づけの魔法』(著者:近藤麻理恵さん)と共通点があるように感じました。「こんまりブーム」については、片づけ脳の知見から、どうお考えですか。

あくまで私の見解ですが、『人生がときめく片づけの魔法』では、「こうだといいな」という自分の憧れにたどり着くために、そこから逆算して持ち物を取捨選択していく。

「ときめき」を基準に選ぶというのはこういう発想で、これに共感した人たちが、『人生がときめく片づけの魔法』の本のファンになったのでしょう。

「心がときめくかどうか」を取捨選択の基準にするというのは、脳番地の観点に立つと、喜怒哀楽といった感情を表現する「感情系脳番地」での判断を意味します。ただし、自分自身の感情って、自分ではなかなかわかりにくくありませんか?

── たしかにそうですね。

感情系脳番地は脳番地のなかでも鍛えることが難しい部分です。難しいという意味は、いろいろなきっかけや人との出逢いなどで、感情系が刺激される体験が必要になるということ。

ですから、時間がかなりかかるケースもあるわけです。「この先、いつときめくのだろう? ときめくのは3年後、いや5年後か?」と考えていると、ときめくまで片づけられない日々を過ごすことになる。そんな一種の矛盾をはらんでいるのです。

だからまずは、自分を理解するためにも、「片づけ脳」のトレーニングで自己認知力を高めておくといいですね。そうすれば自分の感情系がおのずと刺激され、「ときめき」がやってくる頻度とその「ときめき」の精度も上がっていくはずです。