媚びずに高視聴率の『バイキング』、ピエール瀧報道で失速か

媚びずに高視聴率の『バイキング』、ピエール瀧報道で失速か

「最近、昼の帯番組の勢力図が変わりつつあります。調子のよかった『バイキング』(フジテレビ系)が、急に落ち始めたんです」(テレビ局関係者)

 32年間続いた国民的番組『笑っていいとも!』の後を受け、2014年4月に始まった『バイキング』。当初は曜日ごとにMCが異なっていたが2015年からは月曜担当だった坂上忍(51才)が、金曜までMCを務めている。

「放送開始当初は苦戦しましたが、2016年の夏から視聴率が上昇。2018年からは、同時間帯の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)や『ひるおび!』(TBS系)を圧倒し、1位となることも少なくなかった。その最大の功労者は坂上さんです。

 日大アメフト部のタックル問題や、大相撲の暴力事件や貴乃花一門騒動など、デリケートな話題を積極的に取り上げて、歯に衣着せぬ発言を繰り返してきた。媚びない姿勢が視聴者の心を掴みました」(スポーツ紙記者)

 一躍、昼の顔となった坂上だが、ここ最近、失速し始めているという。代わりに浮上してきたのが南原清隆(54才)がMCを務める『ヒルナンデス!』だ。

「3月は『ヒルナンデス!』に全敗で、4月もほとんど負けています。時事ネタを一切取り上げずにグルメや旅行など、マイルドな話題しか触れない『ヒルナンデス!』に視聴者を取られたことに、愕然としています」(『バイキング』関係者)

 風向きが変わったのは3月12日、麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたピエール瀧被告(52才)の事件を取り上げた頃だった。

「『バイキング』では瀧さんの相棒である石野卓球さん(51才)のツイートを否定的に取り上げたり、瀧さんの出演番組の公開自粛を反対する動きに疑問を呈したり、彼らの曲を特集して配信したサイトを売名扱いしたりと、“反電気グルーヴ”を前面に打ち出しました。それに対して“やりすぎ”“見当違い”などの声が上がったのです。

 番組の性質上、一度振り上げた拳を下ろすことができず、結果、他局に視聴者が流れてしまった。『ヒルナンデス!』の視聴率が上がったのは、“攻撃的な坂上”より、“穏やかなナンチャン”へと視聴者の気持ちが移ったのでしょう。まさに漁夫の利です」(別のテレビ局関係者)

 3月26日でサンドウィッチマンとYOU(54才)が『バイキング』を卒業するなど、人気レギュラー陣の“降板”も視聴者にはネガティブに映ったのかもしれない。

 とはいえ、もともと“嫌われキャラ”がウリの坂上はそう簡単に動じない。改元をきっかけに方向転換をするという。巻き返しなるか。

※女性セブン2019年5月9・16日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索