『ナカイの窓』が「断捨離」使用でトラブル、終了にも影響か

『ナカイの窓』が「断捨離」使用でトラブル、終了にも影響か

 中居正広(46才)が司会を務めていた『ナカイの窓』(日本テレビ系)が今年3月で終了すると発表された時、どうしてこんな人気番組が、といぶかる声も大きかった。突然の終了の裏にあったのは、たった1つの言葉を巡った騒動だった。

「中居くんはすごくショックを受けていたようでした。自分の冠番組の“トラブル”を今になって知ったわけですから…」(日本テレビ関係者)

 現在、中居が司会を務めるレギュラー番組は5本。令和の幕開けに『新・日本男児と中居』(日本テレビ系)と『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)という2本の新番組も加わったばかりだ。

「『新・日本男児〜』は日テレの深夜枠で、今年3月に“打ち切り”となった『ナカイの窓』の“後釜”という形で始まりました。

『ナカイの窓』は水曜の深夜枠、新番組は金曜深夜。より高視聴率が期待されていたのですが、ふたをあけてみると2〜3%となかなか厳しい状況。『ナカイの窓』は5%超えを連発していましたから、こんなことなら続けていればよかったという声も多い。3月にも“なぜ人気番組を打ち切るのか”とみんな言っていましたから。ただ、本当のところ『ナカイの窓』はトラブルを抱えていて続行はできなかったようなんです」(テレビ業界関係者)

『ナカイの窓』が抱えていたトラブルとは何か。事の発端は同番組の人気コーナー『断捨離の窓』だったという。司会の中居と4人のゲストが、世の中の無駄なもの、いらないものについて語り、不要なものを減らす『断捨離』を提案するという内容だった。

「昨年8月の放送だったのですが、『アイドルの長すぎる自己紹介』や『「サイトウ」という苗字の漢字のバリエーション』までズバズバ切り捨てていく内容が好評で、このコーナーの視聴率は10%を超えました。昨年10月には第2弾が放送され、またも高評価でした。

 すぐに第3弾が検討されましたが、それ以降、放送されることはありませんでした。『断捨離』というワードをめぐり、番組が訴えられたからです」(前出・日本テレビ関係者)

『断捨離』とは「クラター・コンサルタント」という肩書で活動する、やましたひでこ氏が提唱する片づけ術、および考え方のことだ。ヨガの教え「断行・捨行・離行」から着想を得て生み出され、「モノヘの執着を捨てること」がコンセプトだという。2010年にユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされたこともあり、『断捨離』は現在、広く世間に浸透している。

 やました氏は以前から『断捨離』を商標登録していた。弁理士・古岩信嗣氏が解説する。

「商標登録とは、ある言葉などに『商標権』を生じさせる手続きのこと。商標権には大きく2つの権利があり、1つは、登録した商標を商品などに使用する『使用権』、もう1つは、他人の使用を禁じ、二重の商標登録を排除する『禁止権』です。

 この『禁止権』により、使用権のない人が他人の登録商標を権利範囲内において無断で使用する行為は“商標権侵害”となります。その場合、権利者から差止請求をされる、損害賠償を請求されるといったことが起こりうる。また、著名ブランドのコピー品を営利目的で販売するといった悪質なケースだと、10年以下の懲役刑や1000万円以下の罰金刑あるいはこの両方が科され、逮捕されることもあり得ます。商標権の侵害は非常にリスクの高い行為といえるでしょう」

 商標権は今回の例でいう『断捨離』のような言葉と、その権利の指定する「商品・役務(サービス)」がセットで登録される。『断捨離』の場合は、〈放送番組の制作〉や〈書籍の制作〉、〈セミナーの企画運営又は開催〉など多数の項目がセットで登録されている。

 テレビ局が権利者のやました氏に許可なく『断捨離』を番組名やタイトルとして使用したのであれば、商標権の侵害にあたる可能性があるという。

「やましたさんは自らが発案した『断捨離』を、言葉尻やイメージだけをとらえて軽々しく使ってほしくないという思いが強い。
 
 2回目の放送の後、やましたさんサイドから日テレに『断捨離』が登録商標であるという指摘が入ったそうです。しかし、日テレはうまく対応できなかった。現在は互いに弁護士を立て調停中だと聞いています」(前出・日本テレビ関係者)

 権利者が商標権を行使する際、一般的には「警告及び示談」で終わるが、警告を受けた側が反論して、示談がまとまらない場合は「裁判所に訴える」ということになる。場合によっては、高裁や最高裁までもつれることもある。

 高視聴率をマークしていたにもかかわらず『ナカイの窓』が今年3月で“打ち切り”となった背景には、この「断捨離問題」があったようだ。

 やました氏との民事調停の事実や、番組打ち切りとの因果関係について日テレに聞くと、「断捨離の件につきましては現時点でお答えできることはありません。その他、番組編成の詳細についてはお答えしておりません」(広報部)と答えるのみだった。また、やました氏にも取材を申し込んだが、期限までに回答を得ることができなかった。

 前出の古岩氏はこう言う。

「日テレは、やました氏に『断捨離』をどのような目的で使用したいかを事前に説明し、許可を得る必要がありました。その話し合いさえしていれば、このような問題は生じなかったのではないでしょうか」

 詳細は当事者のみが知ることだが、情報を知って、誰より悲しんだのは中居だろう。
 
 前出の日本テレビ関係者が語る。

「中居くんは6年半も続いていた『ナカイの窓』に相当な思い入れがありました。今年2月には名残を惜しむように、共演する人気芸人たちと都内の居酒屋で4時間にも及ぶ打ち上げをしていたほどです。

 しかも一連の『断捨離』をめぐるトラブルを、中居くんはつい最近まで知らされていませんでした。中居くんに重大な事実を伝えられないまま、番組終了したというのなら、あまりにひどい話です。ショックは大きかったと思います」

 新番組でも新たな窓を開いてほしい。

※女性セブン2019年6月6日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索