前澤氏と破局した剛力彩芽、深田恭子に泣きながら相談

前澤氏と破局した剛力彩芽、深田恭子に泣きながら相談

 破局していたことが明らかになった女優・剛力彩芽(27才)とZOZOの創業者・前澤友作氏(43才)。この秋、なぜ彼らは別れを決意したのか。すべての経緯を明らかにする。

 ようやく肌寒さを感じるようになった11月上旬。神奈川県下の閑静な住宅街を、うつむき加減に歩く若い女性がいた。キャップから見える金髪の襟足、巨大な外国人女性の顔がプリントされたブラウスなど、ファッショナブルな服装が目をひく。女性は、剛力だった。

「彼女は今、前澤さんと暮らしていた都内のマンションを出て、実家に戻っています。短期の帰省ではありません。完全に別れを告げて帰ってきたんです。親からしたら、前澤さんに複雑な思いを抱いているはずですが、剛力さんは“お互いに納得の上”と一切泣き言も言わないようで…」(剛力の知人)

 平成の終わりに誕生した17才差のビッグカップルは、時代が令和に入り、関係が急変。ふたりは人知れず決断を下していた。

     *
 剛力と前澤氏の交際が発覚したのは昨年4月のこと。

「その2か月ほど前に雑誌の取材で出会い、前澤さんの猛烈なアプローチもあって交際に発展しました。この時、剛力さんは25才。所属事務所の“恋愛禁止令”が解禁されたタイミングで、彼女にとって初ロマンス。お互いにインスタグラムで堂々と交際宣言もしました」(芸能関係者)

 隠す必要のなくなった交際は、日に日に露出を増していった。同年7月にはプライベートジェットで、サッカーW杯の決勝を見るためにロシアへ。普段の食事は会員制高級レストラン、移動は前澤氏のコレクションである億超えの高級車︱その逐一はインスタで披露された。

「剛力さんは前澤さんの趣味であるアート作品の収集にも付き添い、世界中を飛び回っていました。前澤さんは、もちろんファッションも好きで、パリコレにも剛力さんと一緒に出かけていました」(前出・芸能関係者)

 燃え上がるふたりの一方で、ピュアではつらつとした剛力のイメージは変わっていった。

「前澤さんにとっては日常でしょうが、剛力さんは“初めて尽くしの恋”にのめり込んでいった。楽しくて仕方なかったのでしょう。でも、世間はセレブ生活をひけらかすようなふたりを冷めた目で見るようになっていきました。それもあり、剛力さんは、交際宣言から2か月後に、幸せいっぱいだったインスタをすべて削除しました」(前出・芸能関係者)

 イメージの変化は、剛力の仕事にも影響が及んだ。

「前澤さんという巨万の富を持つ経営者との交際で色がついてしまい、女優としての役の幅が狭まってしまいました。彼女が貧困に苦しむOLを演じても誰も感情移入しませんよね。結果的に、レギュラー番組はたった1本に、最多12本あったCMはゼロに。

 剛力さんは仕事が減ってもいいと思っていたようです。世界中を飛び回る彼を近くでサポートすることができるから。でも、そう思える時間は長くはなかったんです」(前出・剛力の知人)

 前澤氏のことだけを考えてきた時間にピリオドを打つことを考え始めたのは、今年9月に入ってからだという。

 1998年に創業し育ててきたZOZOを、4000億円ともいわれる金額でヤフーに売却し、前澤氏が社長の座から退いたのは9月12日のこと。

「売却と退任を発表した会見で、前澤氏の今後について同席した孫正義氏から『月に行く訓練をしなくてはいけないし、彼女と楽しく生きたいし』と暴露され、前澤さんは照れ笑いを浮かべていました」(経済誌記者)

 しかし、この頃には既に今日に向けての話し合いがスタートしていた。

「前澤さんは2023年に月に行く予定で、来年には渡米してトレーニングが始まります。彼はそのトレーニングにも月にも、剛力さんについてきてほしいと考えていたのですが、剛力さんが躊躇しました。渡米したら、仕事をこれまで以上にセーブしなくてはならない。今度こそ芸能界に居場所を失い、女優の仕事も手放すことになるのではないかと。
 
 剛力さんは熱愛発覚後も舞台に出演していましたが、その評判は上々でしたし、本人も手応えを感じていたようです。女優業に再び魅力を感じ始めた中で、決断を迫られていた」(前出・剛力の知人)

 前澤氏にも変化があった。

「事業を手放すと発表する直前に、台風15号で故郷の千葉県が壊滅的な被害を受けました。その約1か月後にも、台風19号で大きな被害を受けています。彼はZOZOを千葉で起業するなど、故郷への愛情が深い。被災地のボランティアにも積極的に参加し都内のマンションを空けることが増え、剛力さんと一緒にいる時間が減りました。この離れた期間が、お互いを冷静にさせた部分があると思います」(前出・剛力の知人)

 剛力はごく限られた親友に相談していた。その1人が深田恭子(37才)だった。深田は今、年商200億円ともいわれる不動産会社会長の杉本宏之氏(42才)との交際が順調のようだ。

「4人でWデートすることもあったようで、剛力さんは深田さんを頼るように。深田さんに泣きながら悩みを打ち明けたこともあったようです。前澤さんは前々から“結婚はない”と公言していました。深田さんは杉本さんとの結婚も秒ヨミ段階といわれていますから、幸せそうな彼女と話したことが、剛力さんの決断に影響を及ぼした可能性はあるでしょう。自分の将来は自分で決めないと…」(前出・剛力の知人)
 
 10月下旬、ZOZOが主催するゴルフ大会が千葉で開催された。優勝したタイガー・ウッズにトロフィーを授与したのは前澤氏で、その様子を剛力も近くから見守っていたという。一方、同じ頃、剛力が出演した朗読劇の観客席には、前澤氏の姿があった。交際は順調に続いているかのように見えたが、すでに交際に終止符は打たれていた。

「10月初めに別れたんです。別れ話は長く、つらいものでしたが、最後にはお互い笑顔で別れようと円満に着地させたようです。だから、これからも“いい友人”だとお互いに言うんじゃないかな。剛力さんは彼と一緒にいたことで、“自分だけでは見られない景色を見られた”と言っていました。
 
 1年半という短い期間ではありましたが、剛力さんはある意味“内縁の妻”のような存在でした。ただ、マンションを買ってもらったという報道もありましたが、そんなことはなかった。剛力さんは“純粋に恋をしただけ”という思いだと思います。実家に戻った彼女は、最近は電車で移動しているそうです」(前出・剛力の知人)
 
 世間を騒がせてきたカップルが急転の破局。剛力の事務所は「プライベートは本人に任せています」とだけ答えた。一方の前澤氏にもコメントを求めたが、期日までに回答は得られなかった。

 11月2日、剛力は約1か月ぶりにインスタを更新した。そこには、一時期は長く伸ばしていた髪をばっさりとショートにした姿があった。

「剛力さんといえばショートカットです。もう一度、女優として生きたいという決意の表れだと思います」(前出・剛力の知人)

再スタートに遅すぎることはない。

※女性セブン2019年11月28日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る