危険水域に入った映画のTV放送、低視聴率でもなぜやめぬ?

危険水域に入った映画のTV放送、低視聴率でもなぜやめぬ?

 テレビで映画の話題作が放送されるのを待つというのはもう過去の“習慣”なのか――。テレビで放送される映画の視聴率が低迷している。一部のヒット作をのぞけばほとんどが一桁台という有様だ。なぜ低視聴率化が進んでしまったのか? そして、それでもテレビ局が放送をやめないのはなぜか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 このところテレビ放送されている映画の視聴率が危機的な状況に陥っています。9〜11月の3か月間プライムタイム(19〜23時)で放送された映画をピックアップしてみましょう。

 まず最も映画を放送している日本テレビの「金曜ロードSHOW!」は、9月6日の『名探偵コナン 天空の難破船』(アニメ)8.6%、9月20日の『インビクタス/負けざる者たち』4.8%、9月27日の『僕のワンダフル・ライフ』7.4%、10月4日の『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』7.0%、10月18日の『50回目のファーストキス』(邦画)6.3%、10月25日の『億男』(邦画)6.0%、11月1日の『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』8.8%、11月8日の『IT/イット それが見えたら、終わり。』9.7%、11月15日の『アナと雪の女王』(アニメ)12.9%。

 次に、「土曜プレミアム」を中心に映画を放送しているフジテレビは、9月14日の『ステキな金縛り』(邦画)8.8%、9月21日の『清須会議』(邦画)6.1%、9月28日の『ダークナイト』5.5%、10月5日の『マイ・インターン』6.3%、10月11日の『海よりもまだ深く』(邦画)4.8%、10月22日の『スノーホワイト・氷の王国』6.4%、10月26日の『三度目の殺人』(邦画)7.7%、11月16日の『ターミネーター2』8.2%。

 歴代興行収入3位の大ヒット作『アナと雪の女王』以外は、洋画も邦画もすべて視聴率一桁で、「危険水域」と言える5〜6%も少なくありません。それ以上に驚かされるのは、日本テレビとフジテレビ以外、まったく放送しなかったこと。映画がプライムタイムから消えるきざしが見えるのです。

 日本テレビはテレビ朝日との視聴率トップ争いで足を引っ張っているにも関わらず、なぜ「金曜ロードSHOW!」の放送を続けているのでしょうか? また、各局が製作に関わっている映画があるにも関わらず、なぜテレビ放送しない作品があるのでしょうか? 放送し続ける局、放送を避ける局、それぞれの理由が浮かび上がってきます。

◆「話題作の初放送」でも視聴率が取れない

 テレビで映画を放送しない理由は、やはり前述したように「視聴率にかなりの落ち込みが見られる」から。かつて各局が映画専門の放送枠を持った時代がありましたが、現在では完全に消滅。「金曜ロードSHOW!」も「土曜プレミアム」も、映画だけでなく単発のスペシャルドラマやバラエティも放送される特番枠に変わるなど、映画のプライオリティは明らかに落ちているのです。

 視聴率が取れなくなった理由は、「視聴者を取り巻く環境が変わり、テレビと映画の親和性が崩れた」から。もともと映画はドラマと並んで「録画してじっくり見る」タイプのコンテンツであり、リアルタイムで見ることが前提の情報番組、バラエティ、スポーツ中継よりも不利な立場でした。その状況が録画機器の発達で、さらに進行したのです。

 また、映画専門の放送枠があるころはレンタル店のみがライバルでしたが、CSやBSでも多くの作品が見られるようになり、近年はネットの動画配信サービスで見る人が増えました。映画が好きな人ほど「テレビの地上波以外で見る」ように変わったのです。

 好みのジャンルが分かれるなど嗜好性の高いコンテンツである映画は、「見たいときに、見たいものを、見たい場所で」というユーザビリティの高さが重要。その点でテレビは動画配信サービスよりも圧倒的に不利であり、映画フリークたちの支持を得られていません。一方、一般の視聴者も「テレビではジブリなどの名作をイージーウォッチングするくらいでいい」と思っている人が多く、「話題作の地上波初放送ですら視聴率が取れない」というケースが多発しています。

 もう1つ、映画のテレビ放送が減っている理由として挙げておきたいのは、不便さとクレーム対策。テレビ局には番組表があり、前後の番組を踏まえて編成する上で、作品によって長さの異なる映画への対応は難しいものがあります。それに加えて近年は、「放送するならノーカットで」と求める視聴者の声が大きくなり、「なぜあのシーンをカットした?」「なぜここでCMを入れた?」などのクレームが少なくありません。

 分岐点の1つと言えるのが、2017年3月4日にフジテレビが放送した『アナと雪の女王』(今年11月15日の日本テレビ放送は3回目)。本編はノーカットで放送したものの、エンドロールを早送りにしつつ、その分を一般人、タレント、アナウンサーに歌わせ、別の映画をPRする演出も入れたことに批判が殺到したのです。視聴率19.7%を獲得してなお、大きな批判を受けたことで、各局はこれまで以上に慎重な姿勢を求められることになりました。

◆いまだキラーコンテンツを抱える日本テレビ

 ただ、それでも各局が製作をやめないように、テレビ局から見た映画は有料コンテンツであり、放送外収入として貴重なもの。「視聴率が取れないから、なかなかテレビで放送はできないけど、自局が培ってきたノウハウを生かせるし、当たれば大きいなど、製作する価値があるもの」なのです。

 また、かつては「ドラマがヒットしたら映画化を考える」という流れが一般的でしたが、近年では「企画段階から映画化が既定路線のドラマ」も少なくありません。

 たとえば、昨春に放送された『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)は、平均視聴率8.9%に留まったものの、今年5月に映画版が公開。さらに、来年5月に映画第2弾の公開が発表されました。同作はファンの多い脚本家・古沢良太さんのオリジナル作であり、当初から「映画版も含めてシリーズ化できたら」という思惑があったようなのです。『踊る大捜査線』『海猿』などをシリーズ化してヒットさせた過去も含め、フジテレビが今なおテレビでの映画放送を大切にしている理由がわかるのではないでしょうか。

 一方、日本テレビの「金曜ロードSHOW」は、再放送でも2桁視聴率が狙える映画コンテンツを多数抱えています。『ルパン三世』『名探偵コナン』『スタジオジブリ』『スタジオ地図(細田守監督作)』などのキラーコンテンツがあり、ファミリー層を取り込むことが可能。これらの映画は、テレビで放送されることで人気を確立し、以降は視聴率で貢献するなど、日本テレビと映画はいまだ幸福な補完関係にあるようです。

 テレビ局にとって重要なコンテンツだった2時間ドラマ専門枠が消滅したことを考えれば、CS、BS、配信サービスなどさまざまな形で見られる映画のテレビ放送が減るのは必然の流れ。今後は現在以上に、「映画のテレビ放送は、名作やヒット作のみを特番枠の中でときどき」という形が避けられないでしょう。

 これは裏を返せば、「テレビ局発のヒット映画が増えるほど、映画のテレビ放送も増える」ということ。やはり「自社制作のヒット映画をどれだけ作れるか? どこまでシリーズ化できるか?」が鍵を握っているのです。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る