夫・東出昌大(32才)の不倫騒動で同情の声が集まる杏(34才)に、今度は実母とのトラブルが明るみに出た。父・渡辺謙(60才)と母が離婚した際に、杏は自らの意思で母親と暮らすことを選択し、二人三脚で歩んできたはず。母娘はなぜ決別したのか──。

 鉄筋コンクリート造りのモダンな一戸建てから、「いーち、にー、さーん」という元気な女の子のかけ声が聞こえてくる。「寒いから、そろそろ家の中に入りなさい」。そう優しげに声をかけた母親は、渦中の杏だった。4月上旬、この自宅に変化があったという。

「工事業者が出入りしていて、大きな荷物を運び込んでいました。大がかりな工事が始まるのでしょうか。いろいろあったから、リフォームしているのかなぁ」(近所の住民)

 いまの杏は、すべてを白紙に戻したい──そんな心境かもしれない。

 夫・東出昌大の不倫で身も心もすり減らした杏に、「もう1つの家族問題」が発覚した。『週刊新潮』(4月16日号)が、実母・A子さんとの骨肉裁判を報じたのだ。

 杏は芸能事務所「トップコート」に所属しているが、2009年に節税目的で個人事務所を設立。実母は代表取締役に就いた。トップコートからのギャランティーが個人事務所に入り、「従業員」の杏に給与が支払われる、という構図だ。だが2014年、杏は個人事務所を退社し、再びトップコートとの直接契約に戻すと実母に通達。

 これに対しA子さんは、「無効」だと応戦。母と娘の争いは、2015年に調停を申し立てるも不調に終わり、ついに2017年の年末に訴訟にまで発展した。A子さんの請求は、杏が個人事務所の従業員であることの確認と、調停の席で自らの名誉を毀損したとして、慰謝料1000万円。さらに、杏がそのまま個人事務所に所属し続けたとして20年間の利益を約12億円と算出し、まずは3000万円を補填せよというものだ。

 良好な関係を築いていたはずの母娘に、何が起きていたのか。裁判資料には、杏と実母の間に刻まれた溝の深さが記されていた──。

 杏は1986年に渡辺謙とA子さんとの間に生まれた。2才上の兄・大(35才)とともに、人気俳優の娘として不自由のない人生を歩んでいたが、杏が高校生のときに歯車が狂い始める。

 2002年に両親が別居すると、同年7月に渡辺が「離婚成立」と「子供の親権」を求めてA子さんを提訴。その裁判で、驚きの事実が明らかになった。

「A子さんが杏さんの同級生の保護者を含む知人50人から、約2億円もの借金をしていたこと。同時期に心酔していた宗教団体に、約2億5000万円もの大金を振り込んでいたことが明かされました。A子さんの借金を理由に渡辺さんは離婚を申し出たわけですが、これにA子さんが反撃。渡辺さんの不倫疑惑を、女優9人の実名とともに証言したんです。

 当然、家族は崩壊。別居時には渡辺さんが杏さんを連れて家を出たのですが、父親の不貞を知った杏さんが自分の意思でA子さんの元に戻っています。その後、裁判は渡辺さんの勝訴で決着しましたが、杏さんの親権はA子さんが持つことになりました」(芸能関係者)

 以降、母娘で借金返済の“いばらの道”を歩むことになる。

 杏は「借金があるのに学校には通えない」と高校を中退。芸能活動に専念した。親の七光りを避け渡辺姓を名乗らず、モデルとしてキャリアを積み重ねていく。単身での海外留学生活は苦労の連続だった。そして女優業にも進出、2008年には「トップコート」に所属。個人事務所社長にA子さんを据えてスタートを切った。

 蜜月といわれた母娘関係に終止符が打たれた2014年は、杏にとっては大きな出来事が2つ重なっている。

 1つめは杏がNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』で共演した東出と、交際をスタートさせたこと。もう1つは、母の借金の完済だ。だが、杏の中では、このタイミングでの決別は以前から決めていたことだった。

「A子さんはこの間、ある女性霊能者に傾倒していたのです。杏さんの個人事務所のコンサルティングをこの女性に任せ、勝手に多額のコンサルタント料を支払っていました。杏さんはこのことに気づき、愕然としましたが、借金を完済するまでは母親を支えようと考え、堪えていたんです。そして晴れて借金を返し終えたタイミングで“独立”を主張したのです」(前出・芸能関係者)

◆母は杏のマンションを所有したまま兄と生活

 A子さんは渡辺との裁判同様に、衝撃の“暴露”を持って応戦している。なんと、霊能者に頼っていたのは杏の方だというのだ。

「杏さんは東出さんと結婚する前に、妻子ある男性との不倫やDV癖のある男性と交際していて、そのことを霊能者に相談していたというのです。その相談メールを証拠として裁判所に提出しています」(前出・芸能関係者)

 前述したように、杏は母親が宗教団体に心酔したことで苦労した過去がある。にもかかわらず、母親が頼った霊能者に相談を持ちかけていた。

 2015年に杏が東出と結婚した際、渡辺や再婚相手の南果歩(56才)は披露宴に参列したが、A子さんの姿はなかった。当時は奇妙に語られていたが、この争いの最中だったのである。

 この間、杏を支えたのが渡辺だった。

「結婚という幸せの絶頂にいるべき娘が、実の母から訴えられているという現状を知って、渡辺さんから声をかけたそうです。不倫をしていたことに対する贖罪の気持ちもあったのかもしれません。杏さんも、少しずつ渡辺さんに相談するようになったそうです」(杏の知人)

 結婚後には、渡辺が杏の自宅を訪れるなど、父と娘の関係は完全に改善している。

 杏は過去を振り返らず、穏やかに暮らし始めていた。しかし平穏な日は長く続かない。2020年1月、東出の不倫が発覚したのだ。

 家族という宿痾に苦しめ続けられる杏。A子さんは、いまも杏名義で購入したマンションを“所有”したままだ。

「最近は、(A子さんは)長男の大さんの自宅によくいらっしゃるようです。今月も大きな荷物を持って家に入っていく姿を見ていますよ」(大の自宅の近隣住民)

 4月中旬、自宅から出て来た大にA子さんと杏の裁判について聞こうとしたが、声をかけるなり「申し訳ございません」と言い、再び自宅に入った。

 肉親と争い、愛した夫には裏切られ──杏の心中は察するにあまりあるものがある。

 さらに、この新型コロナウイルスである。東出が家を出てからというもの、杏は双子の娘を含めた3人の子供を、先の見えない孤独の中で“ワンオペ”で育てている。

「緊急事態宣言で保育園は休園。外出もままならず、誰にも頼れずに本当にかわいそうです。いったい、杏さんが何をしたって言うんでしょう」(前出・杏の知人)

 その問いに誰も答えることができないが、答えを誰よりも欲しているのは、杏本人なのかもしれない。

※女性セブン2020年4月30日号