10月中旬、都内の繁華街を仲良く手をつないで歩く3人の家族がいた。タレントの安めぐみ(38才)と、お笑いコンビTake2の東MAX(アズマックス)こと東貴博(50才)夫婦である。

 今月で結婚からちょうど9年。長女を交えて今も仲睦まじい様子がうかがえる微笑ましい光景だ。安といえば、独身時代には「いいお嫁さんになりそうな女性タレント」「奥さんにしたい女性タレント」ランキングなどで1位を飾っていた、生粋の癒し系美女。あるグラドル所属プロダクションのベテランマネジャーは「以前は苦手だったという料理も克服して、世間のイメージ通りの良妻ですよ」と明かした。まさにランキング通りの評価だといえよう。

 では、歴代の「お嫁さんにしたいタレント」たちは、その後にどんな結婚生活を送ってきたのか。

「お嫁さんにしたい〜」といえば、元祖は女優・竹下景子(67才)。『クイズダービー』(TBS)のレギュラー回答者としてお茶の間の人気が出始めた1977年に、雑誌で対談した政治家の荒舩清十郎・元運輸大臣(享年73)から「息子の嫁さんにしたい」と言われたことがきっかけだった。それを機にマスコミは竹下を「お嫁さんにしたい女優」として大きく取り上げたのだ。

 以降、「お嫁さんにしたい〜」で1位になったタレントや女優をピックアップしてみよう。

◆1970年代:竹下景子、市毛良枝、松坂慶子
◆1980年代:東ちづる、宮崎美子、沢口靖子
◆1990年代:田中美佐子、和久井映見、水野真紀、三井ゆり
◆2000年代:松嶋菜々子、矢田亜希子、仲間由紀恵、安めぐみ
◆2010年代:綾瀬はるか、石原さとみ、新垣結衣

 そうそうたる女優やタレントが並ぶが、市毛や宮崎、矢田ら離婚した人もいれば、夫の不倫報道が出てしまった人も……。結婚したら必ずしも幸せになったというわけではなさそうだ。

 あるベテラン芸能リポーターは「安さんは、料理教室に通ったり、几帳面な東さんの細かい家庭内ルールに合わせたりと、日々の努力もあって、夫婦円満で幸せといえます。しかも、Take2は相方の深沢邦之さん(54才)も、“昭和最後のお嫁さんにしたいタレント”田中美佐子さん(60才)との夫婦生活が、来月で銀婚式を迎えます。2人とも愛妻家という珍しいお笑いコンビですね」と語った。

 昨年は『いい夫婦パートナー・オブ・ザ・イヤー2019』を受賞。新型コロナウイルスによる長い自粛生活の中でも「お互い、何気ない感謝の言葉は忘れません」と円満の秘訣を明かしていた安の未来は、今後も安泰そうだ。