臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、変貌ぶりが話題となっている歌手の氷川きよし(43才)について。

 * * *
 1月18日、インスタグラムにアップされたのは、横になっている愛犬に美しい顔を寄せた写真。アップしたのは演歌歌手の氷川きよしさん。愛犬は“ココア”と名付けられた茶色のミニチュアダックスフンドだ。

 氷川さんの愛情が溢れる、なんとも愛らしいほのぼのした写真。だがこの写真が意味するものは、その印象とはまるで違っている。昨年末、16年近く一緒に生きてきたココアに腫瘍が見つかったのだ。その上、ココアは昔から目も見えなければ耳も聞こえない。「かけがえのない大切な我が子」が1日でも長く生きてもらえるよう「溢れ出る母性で包み込みます」という氷川さん。これが彼の本来の姿なのだろう。

 ここ1〜2年、氷川さんの変化は目覚ましい。変化というより美化、進化と表現したほうがしっくりくる。ツヤツヤの髪にすべすべの肌。柔らかでナチュラルな印象だが、目力があり色気を漂わせている。華やかなドレスからはすらりと伸びた美しい足がのぞく。

 最初は、曲に合わせビジュアル系のメイクにしたのかと思う程度だったが、31枚目のシングル『限界突破×サバイバー』が話題になり始めた頃から、これまでの殻を破るかのようにどんどん美しく変貌していった。2020年の大みそか、NHKの紅白歌合戦でもこの曲を披露し、目にも鮮やかな衣装と妖艶な姿が注目を集めた。

「自分らしく生きたい」「本当の自分を出す」「自分らしく輝く」、ここ数年、氷川さんはインタビューの度に「自分らしさ」という言葉を口にするようになっていた。2020年8月、「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー2019/第25回AMDアワード」の授賞式で優秀賞と理事長賞に選ばれた際は、「この曲で氷川きよしの新しいドアを開けられたような気持ちで、自分の個性や持っているものを表現して、自由に音楽を楽しんでいきたい」と語ったという。視聴者からすれば、その姿はこれまでに見たことのない新しい氷川きよしなのだが、本人からすれば自分らしい本来の氷川きよしの姿だったのではないだろうか。

 最近のある心理学の研究では、自分らしくある感覚、自分自身に感じる本当らしさの感覚のことを「本来感」と名付けている。本来感では、自分が自分らしいと感じること、自分のアイデンィティと調和して行動しているという感覚が重要になるという。ある番組で氷川さんは、「人にどう思われるのかでなく、自分がどう生きたいか」と語り、“誰でもなく、自分を生きること”、つまり本来感の大切さを口にした。

 人が人として自分らしく成長していくためには本来感が大切ということだが、これができるようで難しいのが現実の社会だ。氷川さんも受賞式で、「これまで20年間、型にはめてそこからはみ出さないように表現していかなきゃいけないと思っていた」と語っている。

 氷川さんは、昨年10月に発売したアルバム『生々流転』の意味を、「姿形が変わったり、時代や時の流れとともにいろいろ変わるが、根本となる心の部分は変わらない」と話している。姿形が変わろうが、彼自身の心は変わらない。それは愛犬ココアに対しても同じ。例え目が見えなくても耳が聞こえなくなってもココアはココア。ココアが自分らしく生きることを大切に、精一杯の愛情を注いできたのだろう。

 氷川さんはどこまで自分らしさを表現し変化し続けるのか。とにかく今は、愛犬との日々が1日でも1時間でも長くなるよう、心から祈るばかりだ。