1月上旬の都内、俳優の萩原聖人(49才)が愛犬と散歩をしていた。黒いキャップをかぶり、ロゴマーク入りのマスクをして、商店街を歩いている。すると、途中から合流したのは、おそろいのマスクをつけて髪をバンドで上げた美女。声優の藤村知可(39才)だ。二人は買い物を済ませ、同棲する自宅へと帰っていった。交際はもう10年以上になる。
 
 あるベテラン芸能記者が言う。

「8年前に初めて同棲を報じられた時点で、既に3、4年交際していると言われていましたから、10年以上の関係です。報道があった当時、すぐに萩原さんは交際宣言をされました。周囲も公認の仲で、萩原さんも彼女と住むためにマンションを購入。“マンション代5000万円を10年で返済する”と意気込んでいましたから、再婚は秒読みとみられていました」

 報道当時から、萩原の母も藤村のことを「最高の女の子だと思います。とにかく幸せになってくれることだけですよ」と、ベタ褒めしながらゴールインを願っていた。しかし、萩原の事務所に聞くと「まだ結婚はしていないんです」とのこと。
 
 萩原は1990年代前半に人気俳優としてブレークして、テレビドラマ『夏子の酒』(フジテレビ系)で共演した和久井映見(50才)と電撃結婚したのは25年前の1995年。当時はビッグカップルの、互いにまだ20代前半でのゴールインに、世間は大きく賑わった。しかし、8年後の2003年に結婚生活は終わりを迎える。離婚後、和久井が一人息子の親権を持った。
 
「萩原さんが再婚しない理由は息子さんへの影響という声もありました。その息子さんは、もう成人になっていて、昨年春までに演劇や声優の勉強ができる専門学校を卒業されたと聞いています。再婚への障害は何もなさそうなのですが…」(芸能関係者)

 現在の萩原は、派手な主演作こそないものの、昨年も映画『Fukushima50』やNHK朝の連続テレビ小説『エール』と、話題作に出演している。趣味が高じたプロ雀士とともにマイペースで活動している。
 
「今年50才になる萩原さんですが、見た目は年齢を感じさせません。麻雀プロリーグのMリーグで戦う姿は凛々しく、女性ファンも少なくありませんよ。まさにイケてるおじさん“イケオジ”です。藤村さんもコンスタントに声優の仕事があり、こちらも順調。公私共に充実している二人にとって、もはや籍を入れるかどうかは、あまり重要ではないのでしょう。“事実婚”とも言える今の状態に不満はないようです」(萩原の知人)

 幸せの形は人それぞれ。二人にとって“永すぎた春”という考えはないのかもしれない。