芸能界きっての大手プロダクションでいま、前代未聞の後継者争いが噂されている。中山秀征(53才)、ホンジャマカ、ネプチューンら多くのお笑いタレントを抱えながら、瀬戸康史(32才)や志尊淳(25才)ら人気俳優陣、さらには林修(55才)、立川志らく(57才)ら人気文化人までも所属するワタナベエンターテインメント(以下、ワタナベエンタ)。

 そんな大手芸能事務所の後継者として、中堅世代の女性お笑いタレント・イモトアヤコ(35才)の名が浮上しているというのだ。あるテレビ局幹部は、

「最古参の中山ヒデちゃんや、帯番組のMCが長いホンジャマカ・恵俊彰さん(56才)、稼ぎ頭のネプチューンさんら大物先輩がいる中、にわかに信じがたいのですが、これがあり得ない話でもないんです」

 と興奮気味に話す。

 同事務所は、1959年に設立された渡辺プロダクション(通称ナベプロ)の系列事務所。この大本のナベプロとは、当時、ザ・ピーナッツやクレイジーキャッツ、ザ・ドリフターズ、森進一(73才)、小柳ルミ子(68才)、沢田研二(72才)や天地真理(69才)など、超人気タレントを一手に抱えて1960〜1970年代にひとり勝ちした芸能事務所だ。

「当時、芸能事務所として初めてレコードの原盤権という巨大利権を保有し始めて、『シャボン玉ホリデー』などのテレビのバラエティー番組も自社制作し、一大帝国を築きました。1970年代までの各局の音楽番組は、出演歌手の7割がナベプロ所属だったほどです」(芸能関係者)

 1987年に死去したカリスマの渡辺晋(享年59)と渡辺美佐(92才)夫妻が、一代で築いたプロダクションは、2人の娘が跡を継いだ。長女の渡辺ミキ(60才)が、ナベプロからタレントマネジメント部門を分社化したワタナベエンタの社長になり、彼女の夫が会長に就任。次女の渡辺万由美は松坂桃李(32才)や菅田将暉(28才)、中村倫也(34才)、杏(34才)らを抱えるグループ会社のトップコートを切り盛りしている。

「そんな芸能界の名門・渡辺家ですが、この姉妹の“次”がいません。昨年までマネジャー出身のヤリ手幹部がいたが、スキャンダルで失脚。近い未来というわけじゃないけど、将来的にジャニーズの滝沢秀明さんのように、所属タレントが経営にかかわる案も急浮上しているそうなんです」(前出・芸能関係者)

 では、なぜイモトなのか? 前出のテレビ局幹部が語る。

「2019年末に『イッテQ』のディレクターと結婚したイモトさんは、昨年春に“ナベプロの総帥”渡辺美佐さん所有のヴィンテージマンションに引っ越したのです。美佐さんは、素直でどんな仕事にも全力なイモトさんが大のお気に入り。この“特別待遇”を知った一部の事務所関係者が『イモトが後継者か?』と騒ぎ始めているそうです」

 イモトに経営の才覚があるのかは不明だが、そんな声と同時に聞こえてきたのは、もう1人の中堅お笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気(34才)である。ハライチの“じゃない方芸人”で、お茶の間での存在感はいまひとつ。しかし、岩井と仲のよい芸能関係者は彼からこんな話を打ち明けられたという。

「先日、岩井くんと会ったときに『現会長から、ゆくゆくは岩井に事務所を任せたいって言われたんだよね』って告白されました。

 ハライチは、ナベプロのお笑いスクールの特待生で事務所内の超エリート。若手時代から上層部の覚えがめでたく、ソロ仕事の多い相方の澤部(佑)くんとは対照的に、岩井くんは裏方気質。彼は真顔で冗談を言うタイプですが、今回はまったくないとも思えないんです。なにせ、会長の還暦パーティーに呼ばれたのは、ネプチューンさんとハライチだけだったそうですから」

 これはお笑い界でいう“ネタ”か、あるいは……。

※女性セブン2021年3月11日号