番組の看板を背負う「大物MC」たちは、それぞれの方法でアナウンサーと共演してきた。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が、彼らの接点から女子アナの素顔を探る。

 若手芸人からもカリスマ視されるダウンタウンの浜田雅功は、2000年代に『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)で内田恭子アナと番組を進行し、番組がレギュラー復活した2018年からは新進行役・永島優美アナと共演している。

 浜田は番組復活当初、永島アナの進行について「普通に(進行が)うまいですよ。僕が喋ってる間、次のことをポンと入れてくれますから、助かってます」「内田(恭子)とやってますから。もう噛み倒しやったからね」と語った。丸山氏はこの発言に注目する。

「当時は新人の永島アナは当然、浜田さんとの共演に緊張していたはず。だからこそ、10年以上共演する内田さんをイジって、永島アナがやりやすい雰囲気を作った。内田さんの夫はダウンタウンの元マネージャーでもあり、冗談を言われても気にせず笑い飛ばせる内田さんの性格を熟知していたのでしょう」(丸山氏・以下同)

 女子アナとの共演で唯一無二だったのが、『とんねるずのみなさんのおかげです/でした』(ともにフジテレビ系)だ。現在は活躍の中心をYouTubeに移す石橋貴明だが、丸山氏は、石橋とアナウンサーの“対決”が印象深いと話す。

「加藤綾子アナや山崎夕貴アナをはじめ、フジ系列の女子アナを集合させてもじもじくんの全身タイツを着せたり、料理の腕前対決をさせたり、とにかくタレントと女子アナの境界を取っ払った。高橋真麻さんには、デコピンしたり顔面にガムテープを貼ったり(笑い)。めちゃくちゃに思えますが、笑いが成立することを体験し、現在に至る無茶ブリに強い真麻さんの素地ができたのでは」

 その石橋が「腕一本でやっている。見ていて格好いい」と絶賛したのが有吉弘行だ。彼も容赦ない毒舌で知られるが、ミトちゃんこと水卜麻美アナに関しては「野心の塊だよ」と語ったことがある。丸山氏が言う。

「視聴者からは親しみやすく、ぽっちゃりした体型からほんわりしたイメージを持ちますが、あれだけ番組をこなし人気を保ち続けるのは、本人の努力があってこそ。有吉さんも苦労した時代を経てカムバックしているので、素直に感心したところがあったのでしょう」

 MCたちの言葉は、共演者としての女子アナの、テレビでは見られない側面も映し出している。

※週刊ポスト2021年3月12日号