長きにわたった調停を終えて、正式に離婚したことが事務所から発表された小室哲哉(62才)とglobeのKEIKO(48才)。夫婦の「最後のやりとり」がわかってきた。

 小室の不倫報道があった2018年1月より、夫婦は会うことはおろか、直接連絡を取ることすらなかったという。

「小室さんが離婚調停のために弁護士を立てたこともあり、ずっと連絡は弁護士を介しています。お互いが調停のために出廷した時でさえ顔を合わせていません。KEIKOさんが拒否したからです。それだけ彼女は小室さんの不倫、その後の不誠実な対応に怒っているのです。

 一連の件で、KEIKOさんは小室さんに謝罪を求めなかった。彼女も早く終わらせたかった、という思いがあったのでしょう」(夫婦の知人)

 2011年にくも膜下出血で倒れたKEIKOは今、体調も戻り、元気に日常生活を送っている。離婚が成立した今、彼女はアーティストとしてファンに恩返しをする日を夢見て前進しているという。

 以下、離婚成立後、KEIKOがファンと関係者に向けて公開した直筆のメッセージ、その全文である。

 * * *
ファンの皆様
関係各位の皆様へ

庭の梅の花が咲き、春の気配が感じられる季節になりました。皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

私KEIKOは、この度、小室哲哉さんとの調停離婚が成立いたしましたことをご報告させて頂きます。

ファンの皆様、関係者の皆様には、ご心配、ご迷惑をおかけしてまいりましたことをここに改めてお詫び申し上げます。お騒がせしまして本当に申し訳ありませんでした。

2011年、くも膜下出血を発症して以来、多くの方々から沢山のお見舞のお言葉や励ましのお言葉を頂き、その皆様の優しさに助けられ、支えられて頑張ってまいりました。おかげさまで大きな後遺症もなく、元気に日常生活を送っております。

今後も、健康管理に気をつけながら、アーティストとしても皆様に恩返しができるよう精一杯努力して参ります。

新たな気持ちと強い決意で前に進んでいきたいと思っております。

今後とも温かく見守って頂けましたら幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

                                2021年2月26日
                                     KEIKO