数々のレギュラー番組を抱える一方、プライベートでは絶世の美女を妻にし、第一子も誕生したのに……自ら撒いた種とはいえ、幸せの絶頂から一転、猛バッシングに晒されたアンジャッシュ渡部建(48才)。騒動以来、姿を消していた彼の意外な近況が判明した。

 昨年6月に複数の女性との不倫が報じられ、その後、テレビから完全に姿を消した渡部。昨年末に会見を行ったが、しどろもどろで「答えられません」を連発する姿に復帰は一層遠のいてしまったといわれる。そんな彼が豊洲市場でアルバイトをしていることが明らかになった。『NEWSポストセブン』が2月24日、「渡部建、豊洲市場で再出発 ウニを並べる姿も『サマになってた』」との記事を配信。渡部は豊洲市場の『Y』という大手の魚の仲卸店で年初から働いており、

「夜中の0時くらいから短時間のときもあれば、昼頃までいることもある。いつも『Y』の専務が付きっきりで仕事を教えているんだよ」(豊洲市場の卸売関係者)

 とのこと。華やかな世界から一転、「給料は深夜から昼前までぶっ通しで働いて、日給1万円」(同)という環境に身を置いているという。不倫発覚時には批判コメントが殺到し、大炎上したのは記憶に新しいが、この記事に対しては、

〈それなり制裁を受けて禊は終わっているのですから、今はそっとしてあげてはいかがでしょうか〉
〈色々いう人もいるだろうけど、新たに頑張ろうとしてる人に どうこういったりは好きじゃない〉
〈そこで頑張ってるなら俺は頑張れと応援してやりたいけどな〉

 と、好意的なコメントが多数寄せられている。渡部の“禊”は終わったと考えて良いのだろうか? 芸能事務所関係者はいう。

「結果論ではありますが、豊洲市場で働くという選択が良かったのではないでしょうか。地に足がついたイメージがありますし、芸能界復帰とは直接的に関係のない場所なので、“一からやり直す”という印象も与えられています。いずれは飲食関係のビジネスに繋げるのでは、といった見方もありますが、そこまで叩くのは流石に理不尽ですからね。

 また、妻の佐々木希の健気な姿勢も、風向きが変わった一因かもしれません。渡部がやったことは女性にとっては許せないことでしょうが、妻がそれでも夫と一緒にやっていく姿勢を示した以上、“他人が口を挟むことでない”と多くの人が思ったのではないでしょうか。また、渡部が少しでも家計に貢献しようという姿勢に好感を抱いた人が多かったのでしょう」

 渡部がこのまま魚河岸の人間として生きていくのか、はたまた豊洲での仕事はあくまでも“腰掛け”なのかは不明だが、もし芸能界復帰を望んでいる場合、居場所はあるのか? ベテラン芸能記者の石田春男氏はいう。

「渡部の強みはとにかく守備範囲が広く、何でも出来ること。『王様のブランチ』(TBS系)や『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)など、MCとして大きな番組を回せる一方で、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)や『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出れば、ひな壇でしっかり笑いが取れる。さらにグルメや高校野球という“武器”もあります。演出側の意図を理解するのが早く、指示にも忠実だったと聞いていますし、“尺”を取らずに笑いを取る腕もあるので、こんなに使いやすい人はいませんでした。

 また、渡部の留守を守っている相方・児嶋(一哉)の存在も大きいでしょう。騒動前までは“ダメ芸人”的な立ち位置だった児嶋ですが、騒動後、渡部の話題をシャットアウトするわけでもなく、かといって渡部ネタで笑いを取るわけでもなく、上手に立ち回ったことで、飛躍的に彼の評価は高まりました。今後、渡部がMCをやったり、得意顔でグルメうんちくを披露するのは厳しいでしょうが、児嶋とセットなら復帰の目は十分あるでしょう。もちろん、ネガティブなイメージはそう簡単には消せないので当面、地上波に出るのは難しいかもしれませんが、YouTubeなど活躍の場はテレビ以外にもありますからね」

 ただし石田氏は、こう付け加える。

「気になるのは、渡部の不倫場所として報じられた『多目的トイレ』の名称が変更されることです。2月に国土交通省が、利用対象を明確化するよう求める方針を定め、新たな名称が3月中にも発表されます。名称変更について、大手紙やテレビニュースには渡部の名前は一切出てきませんが、実際には渡部の件が影響したのは明らか。3月のこのタイミングで、渡部の名前が再び取り沙汰される可能性があり、ようやく鎮火した炎が、新名称発表のタイミングで再燃することも考えられます」

 いずれにしても、芸能界復帰までは茨の道であることは間違いなさそうだ。