「本日のゲストは……鈴木京香さんです!」。米倉涼子(45才)が高らかにアナウンスすると、客席の後方から笑みをたたえて登場した鈴木京香(52才)。観客が見つめる中、片手に紙袋を持ち、舞台に向かって優雅に歩いていく。米倉に引けを取らないスタイルのよさと全身から溢れ出るオーラに、客席からはワッと大きな歓声が上がった。

「京香さんは舞台に上がるやいなや、『涼子ちゃん、お誕生日おめでとう!』と紙袋からシャンパンを取り出して米倉さんに渡したんですよ。

 米倉さんがビックリしていたので、一瞬サプライズなのかなと思ったのですが、よく考えたら彼女の誕生日は8月。米倉さんが『私、夏生まれなんですが……』と伝えると、京香さんは『えっ、私の手帳に“涼子ちゃん誕生日”って書いてあったの』とキョトン。そこで別の“涼子さん”だと発覚。京香さんのあまりの天然ぶりに、序盤から大爆笑でした」(公演を見た客)

 個人事務所の設立1周年を記念して開催された米倉の初となるエンターテインメントショー『Ryoko Yonekura -DISFRUTA2021-』が4月1日から4日まで行われた。

「料理やお酒もすべて米倉さんがプロデュース。お酒好きなだけあって、カクテルも彼女流にアレンジされたものが出て、アイディアに溢れた会でしたね。なんといっても、かねてから交際が報じられているダンサーの彼の登場が見どころでした。ふたりで披露した息の合った濃密なアルゼンチンタンゴには息をのみましたよ」(前出・公演を見た客)

 観客が驚いたのは恋人の登場だけではない。日替わりのシークレットゲストとして、モデルのヨンア(35才)、安住紳一郎アナ(47才)、西田敏行(73才)、岸部一徳(74才)など、米倉と親交のある豪華ゲストが連日登場した。冒頭の京香もその1人だったのだが、会場が最もザワついたのは、米倉と京香が「共演NG」について触れたことだった。

「実は2人は業界内で長い間“共演NG”が噂されていました。京香さんと米倉さんは、2001年のドラマ『非婚家族』(フジテレビ系)で共演しているのですが、それ以来20年も共演がない。“京香さんが米倉さんとの仕事に難色を示しているらしい”という噂が噂を呼び、業界的にも2人を同じ番組にキャスティングするのを避けていたそうです」(ドラマ制作スタッフ)

 つまり、2人が同じ舞台に立つというだけで驚きなわけだが、この日はこんなトークまで飛び出した。

「『なんで私たち、共演NGっていわれているんでしょうね?』と、米倉さんがアンタッチャブルかと思われた話題に自ら触れたんですよ。そして、機会があったら共演したいこと、仕事ではなかなか一緒にならないが、通っているスポーツジムや行きつけのバーが一緒であることも明かしたんです。共演が長年なかったのは、あくまでも偶然で、『いつか共演したい!』と、互いに願っているそうですよ」(前出・公演を見た客)

 その後、2人が語り合ったのは、美容や健康で気をつけていることについて。40代の米倉が50代の京香に教えを乞うかたちになった。

「京香さんは添加物が入っているものは口に入れず、週1回はジムに行って、とにかく肩甲骨を動かすことを意識しているそうです」(別の客)

 トークの最後、京香が米倉に授けたのは、こんな言葉だった。

「やりたいと思ったことはすぐやるように。50代になって思うのは、やらなかった後悔は本当に大きいということ。“なんでやらなかったんだろう”と思い残すことがないように、毎日を生きてね」

「共演したかったのに」と後悔しないためにも、京香が米倉を共演相手に指名する日も近いかも。

※女性セブン2021年4月22日号