今や大女優の風格さえ漂い始めた田中みな実(34才)の周辺が、騒がしくなってきた。昨年8月に移籍した大手芸能事務所で、田中の担当だった敏腕マネージャーが突然退社したのだ。業界屈指のマネージャーだっただけに波紋を広げているという。

 TBSの局アナからフリーアナウンサーに転身し、昨年のドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)や『ルパンの娘』(フジテレビ系)での好演などで、女優としての評価も上々の田中。昨年8月、所属事務所を移籍したのも、女優としてのステップアップのためだった。

「2019年頃から女優指向を強め、アナウンサー色の強い事務所からの移籍を考えるようになったんです。決め手となったのはドラマで共演して、2人で旅行するほど仲良くなった山口紗弥加さん(41才)。彼女がいたからこそ、いまの事務所に移籍することを決めたと聞いています」(テレビ局関係者)

 移籍先で田中の担当についたのは、広末涼子(40才)や唐田えりか(23才)ら売れっ子女優を歴任してきた敏腕マネージャー・Aさんだった。田中はその手腕にあやかる形となった。

もともと田中は現場での評判がかなりいい。局アナ時代は番組スタッフ300人全員分のクッキーとメッセージカードを1人で作った逸話があるほどだ。彼女のスタッフへの振る舞いは“神対応”そのものだというのはドラマ関係者だ。

「フリーに転身後も、プロデューサーだけに媚びを売るわけではなく、カメラマンやADなど、スタッフ全員に気を遣ってくれるんですよね。応対が丁寧で、カメラが回っていない時でも、ブスッとした顔をするのを見たことがない。そこら辺も“あざとさ”なのかもしれませんが、なかなかできることじゃありません」

 女優としての評価とスタッフからの評判が重なってか、この4月期、7月期のドラマと連続での出演が決まっている。そんな順風満帆な仕事面とは裏腹に、移籍当時から田中を担当してきたAさんが、この3月末をもって退社したのだ。田中を古くから知る芸能関係者は「またか…」と顔をしかめる。

「実は、前の事務所では、田中さんが所属していた約6年間に4回もマネージャーが変わっていたんです。あまりにコロコロ変わるので、テレビ局の人が“名前を覚える暇がない”とボヤいていたほど。一部では“マネージャークラッシャー”との異名でささやかれているんですよ」(芸能関係者)

 どれぐらいクラッシャーだったかというと、

「例えばマネージャーと一緒にいるときでも、直接会話をせずにLINEで『あれを買ってきて』と指示を出す。その後の対応が気に入らないと、1日無視されることもあったとか。

 仕事現場に行くときはマネージャーが車で送迎するのが基本ですが、時間通りに自宅へ迎えに行くと何の連絡もせずに、自分でタクシーに乗って現場に向かってしまうこともあったらしいです。ついには自分のプライベートの買い物の送迎にまで駆り出して、買いものが終わるまで待機させていたらしいですよ」(前出・芸能関係者)

 このエピソードをもって田中とAさんとの関係性に言及するのは早計だが、田中にはマネージャーに強く当たる理由があると、言うのは別の芸能関係者だ。

「田中さんは“求められている場所で全力でやりきる”という気持ちが強い。仕事面に対してはかなりストイックで、妥協は一切しない。仕事に根を詰めている分、マネージャーさんに対する配慮が足りない時があるのかもしれません。

Aさんは広末さんや唐田さんといった、週刊誌を賑わせてきた人たちと接してきた方。“曲者”には慣れていたはずです。その彼女でも、田中さんの担当は大変だったのかもしれませんね……」(別の芸能関係者)

 田中の所属事務所に聞くと、「(Aさんの退社は)事実です。家庭の事情により退社しました」とのことで、あくまで個人的な理由での退社だと説明した。

 田中は以前、テレビのインタビューでは自分を「面倒くさい性格」と表現していたが、仕事に真摯に向き合っている証拠とも言える。伴走するマネージャーも一筋縄ではいかないはずだ。