「わたし、コロナうつになってしまったんです……」 

 新型コロナウイルスの感染拡大は、多くの人の生活に多大な影響を与えた。感染そのものに加え、顕著なのが精神的な疲弊だ。感染への不安や、行動制限などによる心理的負担からコロナうつになる人が増えている。劇団新派で活躍する俳優・河合雪之丞(50才)もそのひとりだった。

 雪之丞は、17才で三代目市川猿之助(現・猿翁)の元に入門。国立俳優養成所という閨閥外の出身ながら、その女形の美しさと芸の見事さで、「市川春猿」の名で一躍人気俳優となった。歌舞伎の舞台だけではなく、『プレバト』や『ナカイの窓』などバラエティー番組でも活躍。2017年には、客演して以来かねてから魅了されていたという劇団新派に電撃移籍し、現在も「立女形」として新派の看板を支えている。

 これまで何度も人生の転機を迎え、しなやかに変化してきた雪之丞だが、ウイルスの脅威を前に立ち尽くすことしかできなかったと振り返る。

 生活が大きく変わったのは、2020年の2月。第1回目の緊急事態宣言が発令される1か月ほど前のことだった。新橋演舞場で劇団新派の舞台『八つ墓村』に出演していた雪之丞だが、27日、突如、「千穐楽」を言い渡されたのだ。

「それでも、当時はまだそんな大ごとになるとは思わなくって、共演していたジャニーズ事務所の室龍太くんと『じゃあ、6月の大阪公演でね』なんていって別れたんです。だけど1か月のうちに、全国的に大変なことになってしまって。私、15才で国立俳優養成所に入って以来、35年間、芝居しかしてこなかったでしょ。だからいきなり、人生のすべてが無くなったように思えて。……俳優の廃業も頭をよぎりました」
 
 強制的な“千穐楽”に加え、当時の雪之丞を苦しめたのが毎日降り注いでくるコロナに関する多すぎる情報だった。

「外出が怖くて、毎日部屋にこもって、愛犬を抱えながら、ずっとテレビを見続けていました。私たちを苦しめている『新型コロナウイルス』とはどういうものなのか、なんでもいいから、情報が欲しかった。でも、前半はコロナの脅威を伝えるニュースが多くまだ具体的な解決策の情報も流れてこなかった。 あれから1年、2回目の緊急事態宣言も解除されて、一見、普通の生活が戻ったかのようにも思いますが、各地では、今度はさらに強いウイルスといわれる変異株の感染が拡大している。大阪などでも、リバウンドで感染者が急増したりと、コロナの脅威は過ぎ去ったわけではない。だからこそ、自分たちが今できる対策をしっかりやっていこうと思いました。怖い、危ないという気持ちばかりにならないように『新しいこと』をはじめたほうがいいんじゃないかって、思ったんです」

 雪之丞が「やっと前向きになれた」のは、2021年に入ってからのこと。暗いトンネルの中を進むような状態の中で、彼の慰めとなったのが「読書」だったという。

 かねてから、横溝正史『八つ墓村』をはじめ、江戸川乱歩や山村美沙、西村京太郎など数多くのミステリー作品に出演してきた雪之丞が、「ステイホーム中」に読んだというのが、『スマホを落としただけなのに』の作者・志駕晃氏の最新単行本『彼女のスマホがつながらない』だという。本作は、令和2年の女性週刊誌編集部と平成30年のパパ活女子大生たちという、2つの異なった時空が交差して進行していく「リアルタイムミステリー」だ。

「ミステリーって、西村京太郎先生だったら時刻表、山村美沙先生だったら密室トリックとか、その作家ならではの“持ち味”がありますよね。志駕先生の場合は、圧倒的なリアルとフィクションの融合。安倍元総理の辞任とか、カルロス・ゴーンさんの逃走劇とか、そういっただれでも知っている現実にあった出来事と、架空の女性週刊誌編集部、そしてパパ活女子たちと、異なった時間軸がだんだん合わさっていくというところに、強く魅了されて一気に読みました」

 なかでも、一番、雪之丞を驚かせたのが、同書に書かれた「パパ活」の実態だ。

「この本を読むまで、『パパ活』なんて言葉すら知らなかったから、そりゃ驚いた。歌舞伎やお芝居にも、色を売って生計を立てる女性というのは多くでてくるけれど、彼女たちと『パパ活女子』とは全然違う。彼女たちにはまず女郎屋に売られて、その借金を返すために、体を売るというプロセスがあり、ある意味そういったシステムに守られているところがあるけれど、パパ活は『個人営業』ということですよね。危険性を強く感じました」

 読書の世界で心癒やされ、雪之丞は4月を迎えて、新たな試みをスタートさせた。劇団新派の重鎮であり、故・十八世中村勘三郎さんの実姉・波乃久里子さん(75才)との二人会「鶴兎会(つるとかい)」の発足だ。

「新派に移ってから早4年がたちますが、いまだに『新派って何?』って聞かれることがあります。『鶴兎会』では、久里子さんとともに、歌舞伎とも他のお芝居ともまた違う、新派ならではの魅力を皆様にご紹介していければと思っております」
 
◆河合 雪之丞 (かわい・ゆきのじょう)
1970年11月29日東京生まれの新派俳優。30年間歌舞伎俳優「市川春猿」として活躍。2017年に新派に移籍「河合雪之丞」に改名。4月16日(金)、深川江戸資料館小劇場にて、波乃久里子との2人会「第一回 鶴兎会」を開催。