4月7日、吉瀬美智子(46才)が自身のTwitterなどを通じ、離婚を公表した。「話し合った結果、今後は別々の道を歩んでいく結論に至りました」と端的に説明しただけで離婚の理由などは一切触れられず。誰もが羨むセレブ婚だっただけに「何があったのか?」という声が飛び交っているが、昨年から夫婦間の不協和音は響いていた。

 吉瀬が10才年上の実業家の男性・Aさんと結婚したのは2010年のことだった。

「5年の交際を経てゴールインしたAさんは、飲食業や美容業を手広く手がけ、年商20億円とも30億円とも言われていました。“愛の巣”は都内の高級タワーマンションで、2013年と2016年には娘さんも生まれました。長女が生まれた翌年には、同じマンションの高層階に引っ越すなど、誰もが羨むセレブ生活をしていました」(吉瀬の知人)

 吉瀬のSNSには、仲睦まじい親子の姿がわかる写真がたびたびアップされていた。吉瀬の仕事が立て込めば、Aさんが育児をするなど、家庭内での仕事も分担できていたという。

「ドラマの撮影が始まれば、吉瀬さんは台本の読み込みや役作りなどで育児にかかわる時間が限られてしまいます。その時はAさんが娘さんの学校の送り迎えをしたり、シッターと協力して育児をしていました。吉瀬さんは仕事と家庭が両立できているのは“旦那さんのおかげ”と常々口にしていたし、メディアのインタビューでもそう答えていました」(芸能関係者)

 一見、順風満帆なように見えた家族関係。一方で、Aさんの事業は風向きが変わり始めていた。

「一昨年の冬頃に、100%株を持っていた飲食の会社が買収され、さらに昨年夏には経営に関わっていた美容院も手放しています。事業は縮小したといっていいでしょう。本人は前向きですが、イケイケ経営者だったかつての勢いは感じられません。

 昨年の6月頃かな、Aさんのお母さんが亡くなったのですが、吉瀬さんは葬儀を欠席し、Aさんと娘さんだけで参列したそうです。新型コロナの影響で遅れていたドラマの撮影を優先させたためだそうですが、今考えれば、この頃はすでに夫婦関係がかなり悪化していた可能性がありますね」(Aさんの知人)

 離婚発表3日後の4月10日、吉瀬は自身のインスタグラムに「ばぁばと一緒に」とのコメントとともに、食卓の写真をアップした。「ばぁば」とは、吉瀬の母親を指すのだろう。吉瀬の母親はいまから2年ほど前に、地元の福岡から上京しているという。

「親権については明かされていません。吉瀬さんがお母様のサポートを受けて育児に取り組んでいるのかもしれませんが、Aさんも同じマンションの違う部屋に住んでいて、娘さんたちの送り迎えなどはやっているようです。夫婦の仲が悪くなったという印象は受けていません。夫婦にしかわからない複雑な事情があったのでしょう」(前出・Aさんの知人)

 離婚の理由やAさんとの夫婦関係について改めて吉瀬の事務所に問い合わせたが、期日までに回答はなかった。

 自宅から娘と共に出てきたAさんにも離婚の経緯などを聞いたが、「もう終わったことですので」と言葉少なに話すだけだった。

 結婚前、吉瀬はインタビューでこんなことを口にしている。

〈もともと何かを捨てないと、新しいものは入ってこないというのが持論。すがりついていたら、何も生まれないと思うんです。実際全部を切り捨てたら、不思議と、誰かが味方してくれるものなんですね〉

 10年以上続けた結婚生活を手放して、何を手にするのだろうか。