登録者数193万人の人気YouTuber「ぷろたん」が投稿した1本の動画が、芸能関係者をザワつかせている。マッチョな肉体美を武器に、大食いや筋トレシーンを見せるぷろたんは、4月13日、自身が引っ越したばかりの新居を舞台に、『【神回】隣のマンションに大物芸能人が住んでたので家に招いてみた!』とのタイトルで動画をアップした。その“隣人”として登場したのが石田純一(67才)だった。

 ぷろたんと石田は、動画内でこんなやり取りをしている。まず、ぷろたんが「まさか引っ越した隣に、石田さんがいらっしゃるとは」と驚きをもって投げかけると、石田は「いやいやいや(笑い)」と照れ笑い。続けてぷろたんが「そんなに近いんですか?」と質問したのに、石田は「ねぇ」と返すだけ。多くを語ろうとせずに、どうも歯切れが悪い。そしてこのやり取りを目にした芸能関係者が、こう首を傾げるのだ。

「石田さんはテレビ番組などで自分で話しているのですが、奥さんの東尾理子さん(45才)や子供たちと暮らしているのは、マンションではなく一戸建てなんです。それに、ぷろたんさんの新居の『隣』とはいえない。車でも20分はかかる距離にあります。なんで『隣』なのか。ついに理子さんから自宅を追い出されて、別居しているのではと話題になっているんです」

 石田は昨年4月、緊急事態宣言下に沖縄県を訪れ、帰京後に新型コロナウイルスに感染したことが発覚し、世間から大バッシングを浴びた。そればかりか、回復後も夜な夜な会食に顔を出す様子が報じられ、そのたびに物議をかもしている。

「バッシングは石田さんだけではなく、理子さんやその家族にもおよびました。それでも理子さんは昨年10月のテレビ番組で、『家族としていちばん厳しくありながらも、味方であるというのが(自分の)役割』との考えに至ったとして、離婚はないと話していました。だから、別居もないと思っていたのですが……」(別の芸能関係者)

 そこで石田の事務所に別居の事実を確認すると、意外な答えが返ってきた。

「あの動画にはぷろたんさんが用意した台本があったようで、石田はそれに従ったまでです。別居はしておらず、自宅で過ごしています」

 なんと、ぷろたんの隣のマンションには、住んでいないというのだ。ぷろたんの所属事務所も「本当に隣に住んでいるわけではございません」とした上で、こう説明する。

「タイトルでインパクトを出すためで、内容をみていただければわかりますが、ドッキリです」

 ただし、動画内で「実際は隣に住んでいない」というネタ明かしはしていない。今度はヤラセとのバッシングを浴びかねないこの内容を、石田はなぜ受け入れたのか。

 石田も今年の1月に自身のYouTubeチャンネルを開設したが、登録者数は4280人(4月20日現在)と伸び悩んでいる。

「石田さんは自ら6000万円の仕事がなくなったと話しているように、一連の騒動で仕事が激減しています。YouTubeは登録者数や動画の再生回数に応じて、広告収入が得られます。石田さんのように登録者がまだ少ないYouTuberは、人気YouTuberと共演する『コラボ動画』で、登録者を増やしたいのでしょう」(ITジャーナリスト)

 石田のYouTube動画を制作する担当者は、申し訳なさそうにこう話す。

「登録者数を増やしたいという考えがあったのは確かです。トップYouTuberの動画に出演するにあたり、先方の考え(台本)を尊重させていただきました。“演出の範疇”と捉えて撮影を行いましたが、ご指摘をいただき認識の甘さを痛感しております」

 YouTuber石田、いまだ明るい未来は見えず。

※女性セブン2021年5月6・13日号