今最も旬な俳優の一人、新田真剣佑(24才)に降って湧いた熱愛報道が、複雑な広がり方を見せている。

 4月22日発売の女性セブンが、真剣佑に、今年に入って同棲を始めた交際2年の恋人、A子さんがいると報じた。今年31才になるA子さんは元芸能人で、透明感のある美貌の持ち主。そのA子さんを巡って人気ロックバンド『ONE OK ROCK』のボーカル・Taka(33才)と、トラブルになったという。

 真剣佑とA子さんが知り合った当時、彼女には人気スタイリストの夫がいたが、やがて離婚し、真剣佑との交際が始まった。順調だった二人の関係に危機が訪れたのは昨年8月下旬。発端は、TakaがA子さんを含む男女数人で温泉旅行に行ったことだった。

「真剣佑さんはA子さんから、複数の男女と連泊することを聞いていなかったんです。しかもTakaさんと真剣佑さんは友人関係で、A子さんと自分が交際していることを知っていたはずなのに、旅行に連れて行ったことに激怒したようです。

 真剣佑さんとしては、A子さんよりも友人だと思っていたTakaさんに“裏切られた”気持ちになったようで、口も聞かない絶交状態になったのです」(真剣佑の友人)

 A子さんとの関係はその後、持ち直し、父親の千葉真一(82才)や弟の眞栄田郷敦(21才)に紹介するなど交際は順調に進んでいるという。その千葉は一連の騒動をどうみていたのだろうか。千葉に聞いた。

――真剣佑さんを支えているA子さんと会ったと聞いている。

「マッケン(注:千葉は真剣佑のことをこう呼ぶ)の仲間のことは、彼自身が選んでいることですから。彼がこれからどういう人たちを、自分の右とか左とかに置いていくか、あんまり深くは干渉していないですね」

――A子さんとは恋人関係で、今後、一緒に渡米するという話もあるそうです。結婚も視野に入っているとか。

「え! A子さんとマッケンは恋愛関係なんですか? そういう話? 全然、知らない、知らない! 仕事関係の皆さんとご飯を食べているところに、おれも呼ばれて。その中のひとりとして(A子さんを)紹介されたから、『あ〜よろしくお願いします』って言ったんだよ。おれは事務所の人かなと思っていたんですよ。結婚前提? アハハ! 今、それどころじゃないだろアイツ〜ったく、しょうがない奴だな。そういうことはなにも言わないんだから(笑い)

 怒られると思ってんのかな。アハハ! 怒りやしないのにな、本当のこと言ったって(笑い)。まぁ、いまはそれどころじゃないだろ、あんまりよそ見しない方がいいぞ、とは言ってますよ。まあね、もう大人になったんだから、なにやったってかまわないし、文句言うことはないし。今度会ったら聞いてみますよ! お前、おれになんか隠してることあるだろ、って(笑い)」

――森進一さんの長男で、『ONE OK ROCK』のボーカルのTakaさんと、A子さんを巡りトラブルになっているそうですが、ご存知ですか?

「Takaさん……? 全然知らないよ。森進一も知らないんだから、その子供も知らないな。おれ、まったくわからないんだよ、日本のことは。マッケンが出てたカルタの映画(注:広瀬すず主演の2016年公開の映画『ちはやふる-上の句-』に真剣佑も出演)の子いるでしょ? あの子も知らなかったんだもん」

――広瀬すずさんですか?

「そうそう。楽屋でマッケンに紹介されたんだけどさ。まったく知らないんだよな、日本のこと」

――5月から真剣佑さんはハリウッドでの映画撮影のため、渡米すると聞いています。父としてアドバイスをされたんですか?

「この間、(クリント)イーストウッドの長男坊(スコット・イーストウッド)とマッケンが共演したんですよ(注:2018年公開の映画『パシフィック・リム アップライジング』)。その後1、2本主役が決まってると聞いてるけど。

 もちろん、マッケンだけでなく、日本からハリウッドに出ていける俳優がもっともっと増えていけばいいなと思っています。じゃあ日本で何をすればいいのか、行くためにはどうすればいいのかってことを、アドバイスをしています。

 まぁ、マッケンは日本のことも、アメリカのことも分かった風になってますから。もう、彼がやることにいちいち、ああやれ、こうやれとは言っていない。お前が思うようにやれ、俺はバックアップするだけだから、と言っています」

――自分で決めなさい、というスタンスなんですね。

「そうそう。仕事の邪魔になることはダメだけど、そうじゃないことだったら、どんどんやったらいいよって。ハリウッドは日本とはガラッと違うし、マッケンは合うんじゃないかな。もう、なにも心配することはないというか。あとは素敵な、いい役をつくり上げて、いい映画をつくってほしいというだけですね」

 最後に千葉は、「それにしてもA子さんのことは知らなかったなぁ……マッケンに電話してみるよ!」と笑顔を見せた。