4月中旬の夕方、東京・六本木にある商業施設の駐車場に、1台の高級車が停車する。ハンドルを握っていたのは、キャップに眼鏡、マスク姿のナインティナイン岡村隆史(50才)。助手席には昨年10月に結婚した妻・Aさんの姿があった。

 駐車場を出たふたりは肩を並べて歩き、横断歩道の信号待ちでは顔を寄せ合って談笑。5cmほど身長が高いAさんが、岡村の顔を覗き込む微笑ましい場面もあった。幸せオーラ全開のふたりは、庶民的な韓国料理店に入っていった。

 岡村がAさんと入籍したのは、昨年10月10日。相方の矢部浩之(49才)にも事後報告という、徹底した極秘入籍だった。

「矢部さんをはじめ、岡村さんと親交の深い芸人も、Aさんには会ったことがなかったようです。入籍直後は別々に暮らしていたこともあって、『本当は結婚していないんじゃないか』なんて噂も囁かれていました。なかには『謎の妻』と呼ぶ人もいたほどです」(芸能関係者)

 ふたりは昨年末から同居し、新婚生活を開始しているが、相方も知らない「謎の妻」とはどんな女性なのか。

「岡村さんより12才年下で、お医者さんのお父様を持つお嬢様です。出身は京都で、目が大きくて黒髪のロングヘアが似合うまさに京美人。岡村さんは以前、結婚条件の1つとして『新垣結衣さん似』を挙げていましたが、新垣さんというよりは、アナウンサーの小川彩佳さんに似ています」(Aさんの知人)

 本誌・女性セブンが目撃したAさんはスタイルのよさに加え、背筋がピンと伸びた立ち姿の美しい女性だった。これには、輝かしい過去が影響しているようだ。

「Aさんは幼い頃から本格的にバレエに取り組んでいて、結婚直前までバレリーナとして活動していたんです。そればかりか美しい容姿がバレエメーカーの目にとまり、商品カタログなどのモデルも務めていました」(前出・Aさんの知人)

 そのAさんと岡村は、10年来の友人関係から恋人関係に発展。約2年の交際を経て入籍したが、結婚話が順調に進んだわけではない。

「昨年の初め頃だったかな。入籍のタイミングをふたりで話し合い、目立ちたくないという岡村さんの意向で、東京五輪で世の中が盛り上がっている最中に入籍を済ませて、ひっそりと発表する予定にしたそうです。でも昨年3月に五輪の延期が決まり、タイミングを逃してしまったんです」(岡村の知人)

 その直後に起きたのが、岡村の「失言騒動」だった。昨年4月、岡村はラジオ番組で「コロナが明けたら美人さんが風俗嬢やります」と発言し、世間から大バッシングを浴びたのだ。

「当時の岡村さんは憔悴していて、芸能界引退も考えたといいます。そのときに支えたのがAさんでした。彼女は岡村さんのことを叱り、そして励ましたそうです。岡村さんはAさんが特別な存在だということに、改めて気づいた。当初は五輪の延期に合わせて入籍も延ばそうと考えていたようですが、失言騒動が、ある意味でよいきっかけとなり、年内での入籍を決意したようです」(前出・岡村の知人)

 結婚発表後の岡村は、「お帰りと言われるのが好き」「行ってきますのハグをする」など、新婚生活の様子を少しずつ明らかにしている。

 岡村はいま、50才にして掴んだ幸せを噛み締めているのだろう。

※女性セブン2021年5月6・13日号