俳優・東出昌大が今秋公開の映画『草の響き』(斎藤久志監督)で3年ぶりに主演を務めることが発表されるとネット上は大荒れ。不倫離婚の余波はいまだ大きいようだが、「プライベートのことは抜きにしても、俳優として演技力無いのによく主演できるなって不思議に思いました」といった演技に関する辛辣なコメントも並んでいる。

「大根」「棒演技」などと辛口な批判をされることが多い東出だが、なぜスキャンダル後も映画出演が途絶えないのだろうか。実は東出には、名だたる監督たちからその演技力を評価されている事実があるのだ。

 東出の出演作『スパイの妻』でベネチア国際映画祭銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した黒沢清監督は、彼の演技について「僕は大好き」「あやしいんですよね。妖怪の“怪”のあやしさもあるし、“妖”のあやしさもある。あやしさを持っていて、出てきた瞬間に何かが起こりそうなところが大好き。そのあやしさをふんだんに発揮してくれました」と舞台挨拶で大絶賛している。

 女優・唐田えりかと不倫するきっかけとなってしまった主演作『寝ても覚めても』の濱口竜介監督も公開当時のインタビューで東出の魅力を熱弁。「まず、第一に“外見”。そこが(東出が演じた役の)麦に必要な要素でした。とても大きいから、集団のなかでもひときわ目立つし、黙って立っている時の異質な感じがすごい。また、カンヌで実感したんですが、本当にきれいな顔をしていて、とてもミステリアスな印象を受けます」と褒めちぎっていた。ちなみに濱口監督は今年のベルリン国際映画祭で審査員グランプリを受賞しており、東出が日本を代表する監督たちに愛されているのは間違いない。

 映画評論家の前田有一氏が、その理由を語る。

「東出さんは『スパイの妻』の前にも、『散歩する侵略者』で黒沢監督作品に出演している。気に入った俳優しか使い続けない監督なので、それだけ東出さんには俳優としてのポテンシャルがあるということでしょう。決して器用な演技派というわけではないし、幅広い役柄をこなせるタイプでもない、それでも起用されるのは素材としての面白さがあるからだと思います。顔立ちがよく、身体も大きく、異物感というか、しっかりとした存在感がある。そういう存在感を持った俳優はなかなかいないし、使う側からすると重宝します。黒沢監督の『スパイの妻』では恋してはいけない人に恋をしてしまう、という実生活を想起させるような危うい役どころでしたが、吹っ切れていたのか、臆することなく演じて、作品にしっかり爪痕を残していました。

 原田真人監督の『関ヶ原』でも小早川秀秋役で敵軍に寝返る重要な役柄を演じていますが、主役でなくても作品の中でキーポイントになるところに出てきて、観客に強い印象を残しています。演技が上手い俳優は数多くいいますが、こと映画の場合は上手いだけだと脇役に収まってしまって、作品の中に埋没してしまうきらいがある。そういう中で東出さんは、スクリーンに登場しただけで、観客の感情を揺さぶる存在感がある。

 今回3年ぶりの主演映画が発表されましたが、そのスキャンダラスのイメージもあり、地上波などでの宣伝活動などもしづらい可能性もあるなかで彼をキャスティングしたのは、それを補って余りあるくらい東出昌大という存在が作品に必要だったのでしょう」

 演技の力で、徐々にマイナスイメージも払拭できるといいのだが。