何よりも芸歴が優先される芸能界のなかでも、厳しい縦社会構造があるとされるジャニーズ事務所。そのトップに君臨するのが近藤真彦(56才)だった。だからこそ、後輩である東山紀之(54才)が彼を強く、厳しく、責めたことに多くの人が驚いた。その裏には、40年にわたる2人にしかわからない愛憎があった──。

 それは、前触れのない一方的な報告だった。

《40年以上お世話になったジャニーズ事務所を退所させていただく事になりました(中略)ありがとうジャニーズ ありがとう素敵な後輩達 ありがとうジャニーさん》

 4月30日、マッチこと近藤真彦が、こんなコメントとともにジャニーズ事務所の退所を発表した。マッチは昨年11月に、25才年下女性との5年に及ぶ不倫が『週刊文春』に報じられ、芸能活動を自粛中だった。

 所属タレント最年長で、「ジャニーズ事務所の長男」といわれていた先輩の決断に、多くの後輩がテレビ番組などで驚きと労いの声をかけた。TOKIOの城島茂(50才)は、テレビ番組で「感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントし、KAT-TUNの中丸雄一(37才)は、「マッチさんはご自身でケジメをつけたと思う」と理解を示した。

 そんななかで異彩を放ったのが、マッチと最も年齢の近い東山紀之だった。5月2日、キャスターを務める『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系)に生出演した東山は、険しい表情を浮かべて先輩の退所に苦言を呈したのだ。

「東山さんは、退所の前にマッチさんから後輩やスタッフに一切の説明がなかったことを明かし、『退所の仕方に大きな疑問が残る』、『自分を犠牲にしてきたスタッフの思いを、マッチさんはどう受け止めるのか』、『退所のコメントも薄っぺらく感じる』と言い放ちました。異例ともいえる辛辣な内容に、多くのファンや関係者から戸惑いの声が上がりました」(テレビ局関係者)

 マッチと東山は2才違い。東山は少年隊としてデビューするまでの5年間、マッチのバックダンサーを務め、絶頂期のマッチの背中を見て育ち、本当の兄弟のような関係を築いてきた。マッチを慕う東山が、退所表明した「兄」に厳しい言葉を向けたのはなぜか。

誰にも告げずに退所した理由

 不倫が発覚した昨年は、マッチにとってデビュー40周年となる節目の年だった。

「12月12日のデビュー日に向けて、特番への出演やイベントなど、スタッフが一丸となって取り組んでいました。ところが不倫報道で、11月になってマッチさんの活動自粛が決まり、12月に出演する予定だった歌番組などをすべて辞退することになった。マッチさんがテレビで歌うために、多くの人の尽力があったのにです。東山さんはそうした事情を知っているだけに、落胆するスタッフの心情を慮り、『スタッフの思いをどう受け止めるのか』と口にしたのでしょう」(芸能関係者)

 事前報告のないあっさりした退所宣言が、東山にはファンをはじめ多くの関係者への感謝を欠くものと映ったことも大きかった。

「今回マッチさんは、ケジメとして、自分で退所を決断しました。マッチさんを慕う人は東山さん以外にもいます。その全員に報告することはできないし、誰かだけに言うことも彼は選ばなかった。自分なりに考え抜いた決断だったのですが、それが東山さんには、マッチさんを支えてきた人々の気持ちを軽んじているように見えたのでしょう」(マッチの知人)

 それに、「自分が言わなければ、誰が言うんだ」という強い思いもあった。

「40年間、本当の兄弟のような時を過ごしてきただけに、東山さんはあえて厳しい言葉を使って叱咤しました。愛憎半ばする複雑な思いがあるんです。裏を返せば、それだけの信頼関係があるということ。どんな形になろうが再起を果たしてもらいたいと思っているんです。それで、『若い頃を思い出して、もう一度みんなに愛されるマッチさんになってください』という思いを込めて、生放送で発言したのでしょう」(東山の知人)

 退所に向けたコメントの最後、東山はこう言い切った。

「これからマッチさんがどういう生き様を見せてくれるのか、楽しみというより、見せてほしい」

 最愛の先輩に向けた、東山からの精一杯のエールだった。

※女性セブン2021年5月20・27日号