『週刊ポスト』の人気企画「昭和のライバル秘話」シリーズでは、5月10日発売号で、東映任侠映画の二大スター、高倉健VS菅原文太を取り上げている。後輩だった菅原が高倉を立てつつも、まったく違うヤクザの姿を演じた熱演にファンは酔いしれたものだ。同企画で二人との共演の思い出を語ったのがガッツ石松氏。高倉&菅原の最後のそろい踏みになった『神戸国際ギャング』(1975年公開)に若い衆の役で出演している。二人を「俺たちの時代のヒーロー」と語るガッツ氏に、改めて思い出を聞いた。

 * * *
『神戸国際ギャング』は昭和50年だよな。健さんが親分で、その若い衆の一人として出させてもらった。健さんと文太さんは俺たちの時代のヒーローじゃないですか。そりゃ、うれしかったよね。当時、俺は現役の世界チャンピオンだったの(WBC世界ライト級王座)。しかも、その時はちょうど日本人の世界チャンピオンがガッツ石松しかいなかったんだよ。だから、東映の任侠映画の生みの親といわれた俊藤浩滋さん(東映プロデューサー)がね、「ガッツ石松を出したら面白いんじゃないか」ということでキャスティングしたんだと思う。

 唯一の現役王者だから、健さんや文太さんから見てもスポーツ界のヒーローだというんで、撮影ではよくしてくれたよ。スタッフがあれこれ俺にぞんざいに指示してカチンとくることもあったんだけど、そういう時は健さんが、「おい、それはないだろう」と注意してくれていたね。健さんは明治大学でボクシングをやってたということで、興味もあったんだろうね。撮影の合間にシャドーボクシングを見せてくれたりもしたよ。

 文太さんとは、その撮影から仲良くなったんだよね。よく酒を飲んだりもしたね。俺が新宿でやっていたサパークラブにもよく飲みにきてくれたよ。世間では、男が嫁さんの尻に敷かれてるとか、子供の家庭内暴力がひどいなんて言われてる時代だったから、親父が一家の柱として雷をドーンと落とさなきゃダメだ、なんて話を俺がして盛り上がってね。それで俺が発案、文太さんには会長になってもらって『雷おやじの会』なんてのを作ったの。相撲の輪島さんや坂本九さんなんかもメンバーだったよ。

 健さんはお酒は飲まないから飲みにはこなかったけど、撮影では必ず自分用のコーヒーを持ってくるんだよ。それを俺にもくれるわけ。なんていうのかなあ、ミルクの入った甘いコーヒーだったのを覚えてるよ。

 健さんとは、マイケル・ダグラス主演の映画『ブラック・レイン』でも共演したけど、俺が大阪府警に捕まるシーンを撮ってる時に、健さんは隅っこのほうでじっと見ていてくれてね。シーンが終わって健さんのほうを見たら、指でOKサインを出して「良かったよ」とうなずいてくれていたね。

 健さんも文太さんもヒーローだから、俺は自分の長男に二人の名前をとって「健太」とつけたんだよ。ショーケン(萩原健一)の『傷だらけの天使』にゲスト出演したことがあるんだけど、その時に息子の名前の話をショーケンにしたことがあるんです。そしたらそれをショーケンが劇中でよく使ったんだね。「オサムちゃん」が息子のことを話す時に、必ず「高倉健の健、菅原文太の太で健太っていうんですよ」というのは、俺がショーケンに話したことなの。

 * * *
 ガッツ氏が思い出を語った高倉健も菅原文太も、そして萩原健一もすでに鬼籍に入った。昭和は遠くなりにけりだが、それぞれの出演作は時代を超えて愛され続けている。