杉咲花(23才)演じる竹井千代が、困難を乗り越えながら女優の道を駆け上がっていく姿を描いたNHK連続テレビ小説『おちょやん』。長らく視聴率低迷が続いていたが、最終週(5月10日〜)を前に絶賛の声が相次いでいる。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがその背景を解説する。

 * * *
 昨年11月30日にスタートした朝ドラ『おちょやん』がいよいよ最終週を迎えます。

 同作はコロナ禍の影響で「約2か月間スタート時期がズレる」という不運もあり、視聴率は近年の朝ドラよりも低迷。メディアが「低視聴率」と繰り返し報じたほか、毒父と継母から家を追い出され、弟とも仲違いし、戦争に苦しめられ、夫の不倫相手が妊娠して離婚するというシビアな展開に「重い」「暗い」などの声が相次ぐなど、苦しい状況が続いていました。

 しかし、残り3週の放送になってからムードが一変。これまでの不幸や苦労を精算し、主人公の竹井千代(杉咲花)が失ったものを取り戻すような物語が続いていることで、それまで肩身の狭い思いをしていた『おちょやん』のファンたちがここぞとばかりに称賛の声を挙げているのです。

 もともと朝ドラは半年間にわたって月曜から土曜まで毎日放送される長丁場。ここ5年間の作品を見ても、『とと姉ちゃん』『べっぴんさん』『まんぷく』『スカーレット』『エール』のように主人公の一代記を描くことが多いのですが、仕事での成功を収めるシーンが盛り上がる反面、その後は穏やかな展開が続き、最後も静かに着地するケースが多いだけに、現在の『おちょやん』は異例の脚本・演出とも言えます。

 最後になって『おちょやん』が盛り上がっている理由は何なのでしょうか。さらに、どんな最終週が予想され、期待できるのでしょうか。

100話をかけて描いた不幸と苦労

 ラスト3週で大きな盛り上がりを生んでいるのは、「視聴者が『終盤にすべての伏線を回収し、昇華させるような物語になっている』ことがわかった」から。また、伏線とは思っていなかったものがそうだと気づいたり、悪人だと思っていた人が善人だったりなどの意外性あふれるストーリーへの感動も多いようです。

たとえば、千代が「捨てられた憎むべき人」と思っていた継母・栗子(宮澤エマ)が「実はずっと花籠を贈って応援し続けてくれていた」という筋書きは、その最たるところでしょう。さらに、夫・一平(成田凌)の不倫と離婚によって、家族、芝居、大切な居場所の道頓堀を失っていた千代が、ラジオドラマという新しい芝居と、家族同然の共演者たちに出会って自分を取り戻しはじめる。しかも、そのきっかけは、新たに家族となった姪の春子(毎田暖乃)で、千代の幼少期を演じた毎田暖乃ちゃんが2役で演じている……という脚本・演出が視聴者を感動させているのです。

 今振り返ると、一平と離婚して道頓堀から姿を消した第100話が千代の人生における“底”でした。その意味では、「これまで第1週から第20週までの100話をかけて描いてきた千代の不幸や苦労は、すべてラスト3週を盛り上げるための前振りだった」と言えるのかもしれません。

 栗子や春子と3人で過ごす幸せそうな姿も、ラジオドラマで“12人の子を持つ肝っ玉母ちゃん”を演じる生き生きとした姿も、100話かけてじっくり描いてきた不幸や苦労の呪縛を払拭できたから輝いて見えるのでしょう。視聴者としても、千代の悲しみや孤独をさんざん見てきただけに、公私ともに家族を得たことを心から喜べるのです。

 近年の朝ドラは、視聴率を下げずに半年間乗り切ることを優先させ、「批判を避けるために重い展開を続かせない」という作品が主流になりました。実際、「主人公を助ける人が多く、悪人は少ない」「不幸や苦労が訪れても1〜2週の放送のみで解消する」という脚本・演出が多いだけに、『おちょやん』の思い切った脚本は際立っています。

因縁の夫、舞台、作品と対峙する千代

 だからこそ最終週では、あと2つ残っている呪縛を解くための物語が描かれるのでしょう。

 それは一平に対する夫婦の呪縛であり、芝居での失敗に対する呪縛。そんな呪縛を解くために、「千代は自分の居場所である道頓堀に戻り、再び鶴亀新喜劇の舞台に立ち、舞台上で号泣した因縁の作品を演じ、裏切った一平をゆるす」という一連の流れが期待できるのです。

 鶴亀新喜劇の舞台も、涙を流した因縁の作品も、一平との共演作だけに立ち直ってなければ演じられません。最後にそんな葛藤を乗り越えて、新たな人生を歩みはじめる千代の姿が見られそうなのです。もちろん重いシーンばかりではなく、岡安や鶴亀新喜劇など道頓堀の大切な人々との再会も描かれ、ネット上は歓喜で沸くでしょう。

 また、もしここで物語が終了したら『おちょやん』は「あえて余力残しで終える」ことになります。モチーフである浪花千栄子さんの女優人生には、黒澤明監督や小津安二郎監督などの作品に出演した映画女優としての活躍や、テレビ番組への出演などもありました。それらを手厚く描くこともできたはずですが、脚本の八津弘幸さんをはじめ制作サイドは、「どん底から立ち直り、新たな人生を歩き出す」という最もポジティブなシーンを最終週に選んだのではないでしょうか。

 いずれにしても緻密かつ意欲的な脚本・演出であったことは間違いなく、視聴率の高低には関係なく、『おちょやん』は人々の記憶に残る朝ドラになりそうです。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月30本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演し、番組への情報提供も行っている。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。