ダメージジーンズにモスグリーンのジャケット。インナーに着たオレンジ系のストライプシャツからは大きなお腹が見え隠れ。ぽっちゃり体型のこの中年男性は、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの塚地武雅(49才)だ。4月下旬の深夜、最近の多忙さゆえか、疲労感の漂う表情で仕事場から出てきた塚地は家路を急いだ。

 ついに今週最終話を迎えるNHK朝の連続ドラマ小説『おちょやん』の中で、塚地はテレビ関係者たちから熱視線を送られている。

『おちょやん』では、女優・杉咲花(23才)演じるヒロイン竹井千代をどん底から救う救世主、人気漫才師の花車当郎役で出演している塚地。あるテレビ局の制作関係者は「視聴率こそパッとしない『おちょやん』ですが、業界の評価は高い。特に塚地さんの存在感は際立ち、クライマックスで、ヒロインを女優復帰に導く“白馬の王子様”を演じています。暗くなってきていた物語を明るく一転させたユーモアある演技で、テレビマンたちだけでなく、朝ドラファンのSNSで大評判になっています」と語った。

 塚地はアンジャッシュやアンタッチャブル、おぎやはぎらが所属する名門お笑い芸能事務所の人力舎所属で、芸歴25年目。

 ドランクドラゴンは2000年代に注目されたバラエティ番組『はねるのトびら』(フジテレビ系)のレギュラーで知名度を上げた。塚地は、仏壇メーカーの営業マンを経て20代半ばになってから養成所のドアを叩いた遅咲き。同じ事務所のアンタッチャブル・山崎弘也は4才年下だが、芸歴では先輩だっため敬語で接していた。

 売れっ子になると、親しみやすいルックスと優しいキャラクターにスポットが当たり、すぐに俳優としての仕事が舞い込むようになった。と同時に交友関係も派手になっていく。

「2本の主演映画『間宮兄弟』(2006年公開)と『ハンサム★スーツ』(2008年公開)で共演した北川景子さん(34才)とは、15年来の友人関係です。実は塚地さんは業界では“共演者キラー”として有名。といっても友人止まりなんですけどね(笑い)。他にも2008年のドラマ『裸の大将』(フジテレビ系)で共演した水川あさみさん(37才)、13年に舞台『ライクドロシー』を共にした長澤まさみさん(33才)からも親友と言われていますし、今回の『おちょやん』でも、共演した天海祐希さん(53才)と既にメル友になっているなど、仕事で知り合った大物女優さんに、すぐに気に入られるんです。

 あのゆるキャラのような見た目と、気さくな雰囲気が彼女たちにとって居心地がいいのかもしれません」(民放キー局ディレクター)

 ちなみに塚地、学生時代はテニスとスキーサークルの副部長で、今より30kgも痩せていた。茶髪でユニークな性格ということもあり、当時はファンクラブがあったほどモテモテだったという。

 独身の塚地だが、前出の民放キー局のディレクターは「2008年頃から恋人がいない、と言っていますが、あえて作っていないのでしょう。“お笑い愛”の強い人なので、恋愛が芸の邪魔になるという考えもあるのかもしれません。そんな硬派な面も、共演した女優さんたちには魅力的に映るのでしょう」と分析する。

 三枚目なのにモテモテ。そして俳優業も順調。いまの塚地はお笑い芸人の枠を飛び越えてしまっているのかもしれない。