『古畑任三郎』シリーズ(フジテレビ系)などで知られる俳優の田村正和さんが4月3日に東京都内の病院で亡くなっていたことが報じられ、ファンたちからは多くの悲しみの声が上がった。『女性セブン』では、5月18日夜に逝去の一報が流れる以前から、ある異変をキャッチして関係者に取材を重ねていた。

 2018年2月のドラマ『眠狂四郎 The Final』(フジテレビ系)を最後に表舞台から姿を消していた田村さん。その後、『女性自身』などの直撃取材を受けた際には「僕はもう、やり切ったから静かに死にたい」などと芸能界からの“引退宣言”とも取れる発言が取り上げられていた。そうした中、最近は音信不通になっていたのだ。テレビ局関係者が明かす。

「田村さんの所属は彼の個人事務所なのですが、そこに電話をかけても不通で、かつての田村さんの関係者も連絡が取れなくなっていたんです。田村さんは心臓病の手術もしていて、持病もお持ちでしたから、関係者の間で心配の声が上がりました」

 事務所は自宅も兼ねる東京・世田谷の豪邸。田村さんは1970年に結婚した妻の和枝さんと暮らしていたが、ここ最近は姿が見られていなかった。

 そして、最近になってもう一つ重大な変化が起きていた。ずいぶん早くから終活を始めていた田村さんは、1988年に生前墓を建てていた。

「親しくされているかたが自分のお墓を建てた縁もあり、横浜の郊外にある墓地に生前墓を建てられていました。中国では『寿陵』といって縁起の良いこととされています。生前に建てた自分のお墓を守ることで、自身の長寿を願い、健やかに生き、人生の使命をまっとうするという意味があります」(関係者)

 墓塔の側面には、〈昭和六十三年 吉月吉祥日建立 田村正和〉と刻まれていた。最近、その文字に変化が生じた。朱色に塗られていた「正和」の文字が、黒く塗りつぶされていたのだ。これは、その墓の建立者がすでにこの世を去ったことを示すという。

 昭和、平成を駆け抜けたスターは晩年の生き方、そして人生の終わりについて確固たる考えを持っていた。5月20日発売の『女性セブン』で、秘蔵写真とともに詳報する。