竹野内豊(50才)が11年ぶりに主演する月9ドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)が、好調をキープしたまま6月14日に最終回を迎える。視聴率は初回の放送から2桁を記録し続けており、竹野内が改めてその存在感を示している格好だ。

 竹野内は自由奔放で型破りな、独身の刑事裁判官・入間みちおを演じる。最終回では、共演する黒木華(31才)とのラブストーリーを期待する声もあがっている。竹野内は“最後の大物独身俳優”と呼ばれ、プライベートでも恋愛が注目され続けてきた。

「独身を貫いているといっても、浮いた話がなかったわけではありません。過去には、モデルのブレンダさん(49才)や倉科カナさん(33才)らとの交際が報じられてきました。倉科さんとはお互いの親にも挨拶し、結婚目前と思われていたのですが」(芸能関係者)

 倉科とは2018年に破局。以降、恋人の存在は報じられていないが、50才を迎えた今年になって、独身生活にある変化が見て取れるという。最近、自宅マンションではなく別の家に向かうことが増えているというのだ。もしや、新たな恋人の家なのか……。

「いえ、それが違うんです(笑い)。自宅から車で20分ほどの距離にある実家に、頻繁に帰っているようなんです」(竹野内の知人)

 実家とは2014年4月に竹野内が両親にプレゼントした、都内の高級住宅街にある一戸建てである。3階建てで、総額5億円ともいわれる豪邸だ。だが両親が新居で生活を始めてすぐに、家族は悲しみに包まれる。

「その年の8月に、お父さんが肺がんで亡くなったんです。それ以降は、お母さんがひとりで暮らしているそうです。最近は高齢のお母さんの身を案じて、竹野内さんは時間があれば顔を出すようになって、2人分の食事をテイクアウトして帰ることもあったようです」(前出・竹野内の知人)

 収束が見えない新型コロナウイルスの猛威も、竹野内を母のもとに向かわせる“要因”になっている。

「体調が心配なのは当然ですが、実はお母さん思いの竹野内さんらしい理由もあるんです。竹野内さんはこの自粛期間に料理を始めたんです。食材にもこだわっているみたいで、“体にいいものを食べているからか、調子がいい”と話すこともあったようです。自分の料理をお母さんにも食べてもらいたいという思いもあって、最近はテイクアウトではなく食材を買って帰ることが増えたみたいです」(前出・竹野内の知人)

 竹野内の母親思いは、以前から関係者の間ではよく知られた話。そもそも竹野内が芸能界入りしたきっかけは、母と姉が本人に内緒でファッション誌のモデルに応募したこと。その2人には、いまでも芸能活動に関して厳しい意見をもらうこともあるという。

「それだけ家族仲がいいということ。お姉さんもよく実家に帰ってきているそうで、3人で家族の時間を過ごす機会も増えているようです。家族としては、『いい奥さんを見つけてほしい』という気持ちもあるようですが、料理もできるようになったし、いよいよ“嫁いらず”の領域に入ってしまった(笑い)」(前出・竹野内の知人)

 竹野内は2019年に開催されたイベントに登場した際、「これまでも今後も大切にする時間」を問われ、「家族との時間」と答えている。“最後の大物独身俳優”としての存在感も、増すばかりか。

※女性セブン2021年6月24日号