親の血を引く兄弟よりも、深い絆で結ばれた“兄弟”も存在する。所属事務所との訴訟トラブルを抱えた岡田健史(22才)を助ける綾野剛(39才)と、その2人を守ろうとする小栗旬(38才)──。泥沼トラブルから“弟分”の岡田健史は抜け出すことができるのか。

 岡田はいま、所属事務所との裁判の渦中にある。事務所社長のパワハラが報じられ、社員が次々と辞める状況に不信感を抱いた岡田は、退所を要求したのだ。

 そんな岡田に手を差し伸べたのが綾野剛だ。綾野と岡田は『ドクター・デスの遺産』(2020年)で共演し、すっかり意気投合。年齢は一回り以上違うが、兄弟のような関係を築いている。

 報道で岡田が置かれている状況を知った綾野は、すぐに連絡を取り、「今後も俳優を続けるために何ができるか、親身に相談に乗ったそうです」(芸能記者)とのこと。2人の親密な関係から、芸能界では「岡田の移籍」を噂する声が出始めている。

 綾野が所属するトライストーン・エンタテイメントは、小栗旬(38才)を筆頭に、田中圭(36才)や坂口健太郎(29才)など、実力派俳優がずらりと揃う。

「岡田さんは今後の俳優生命を心配しています。トラブルを起こした俳優の独立や移籍は困難を極める。でも、トライストーンなら岡田さんの事務所とも関係が良好だし、受け皿となれる可能性がある。何より、小栗さんの存在が大きい」(前出・芸能記者)

 小栗は事務所の看板俳優であり、取締役を務める経営陣の1人でもある。昨年には、小栗が事務所の社長に就任すると報じられていた。

「もし、岡田さんを引き入れることになれば、小栗さんは率先して動くはずです。というのも、彼は昔から俳優の働き方改革を訴えてきたかたですから」(映画関係者)

 撮影現場で朝早くから夜遅くまで体を酷使するなど、労働環境は過酷といわれる俳優業界。だが、所属事務所との契約が理不尽だったとしても、問題提起したり団体交渉をすることは難しい。

「小栗さんは、早くから俳優の労働組合(ユニオン)を作りたいと語っていました。『自分が誰かに殺されるかもしれない、それぐらいの思いで闘わないと日本の芸能界は変わらない』と強い意志も示していましたね。そんな彼から見ると、岡田さんの状況は見過ごせないでしょうし、“おれが守ってやるから”という思いがあってもおかしくありません」(前出・映画関係者)

 事務所との契約に悩まされてきた岡田にとって、理解ある経営陣や先輩俳優の下で働くことは、願ってもないチャンスだろう。

「ただ、裁判は長引きそうです。両者間の合意が得られず、和解しそうにないからです。移籍話に進展があるとしても、もう少し先のことになるでしょう」(前出・芸能記者)

 しかし、綾野や小栗は待てたとしても、業界が岡田を待ちきれない。

「岡田さんへの出演オファーは、係争中の事務所に舞い込み続けていて、岡田さんも仕事のオファーを受けたんだとか。事務所から離れようとするのであれば矛盾した行動にもみえます。岡田さんは秋に始まるNHKの朝ドラの主要キャストに内定しているといわれていますし、ひょっとすると、今後についてまだ迷いがあるのかもしれませんね」(前出・テレビ局関係者)

 岡田の事務所に話を聞くと、「まだ係争中で結論が出ていないため、ほかの事務所に移籍するという話はありません」という返事だった。綾野と小栗が所属する事務所も「弊社は家族的な繋がりでやっている事務所なので、ほかの事務所さんが大事に育てた俳優を途中で引き抜くようなことはしません。その体力があるならば、まだ芽が出ていない弊社の俳優の育成に力をいれます。岡田さんが移籍することはありえません」と強く否定した。

 かつて岡田は綾野に“真実を映す瞳をしている”と評されていた。その瞳にはいま、どんな“真実”が見えているのだろうか。

※女性セブン2021年6月24日号