加藤綾子アナと「一般男性」の結婚発表が大きな話題になる中、6月13日にフジテレビ・久慈暁子アナとヤクルト・原樹理の交際終了が明らかになった。日刊スポーツが報じている。これらの件は、女子アナの結婚相手に変化が起こっていることを表しているのかもしれない。

 かつて、女子アナといえばプロ野球選手と結婚するケースが目立った。1999年にオリックスのイチローとTBSを退社したばかりの福島弓子アナ、2004年に西武の松坂大輔と日本テレビの柴田倫世アナがゴールインしている。平成を代表する選手が女子アナを射止めたため、その印象はより大きくなった。芸能記者が話す。

「1988年にフジテレビの中井美穂アナが『プロ野球ニュース』のキャスターを務めたことを皮切りに、女子アナが現場取材に行くようになったことで、出会いの機会が増えたことは大きいと思います。

 また、1993年に野球界にFA制度が導入されたことも、影響しているかもしれません。選手の年俸が大幅に上がるようになりましたし、メジャーリーグを目指すような選手にとっては、語学が堪能な配偶者がいれば心強い。ヤクルトの石井一久と木佐彩子アナ、西武の松坂と柴田倫世アナのように、海外在住経験のあるアナウンサーと結ばれる選手も目立ちました」(以下同)

 2000年前後は毎年のようにビッグカップルが誕生し、1年に複数組が結ばれていたこともあった。しかし、2017年1月にヤクルトの杉浦稔大とテレビ東京の紺野あさ美アナが婚姻届を出して以降、在京局に限れば「プロ野球選手と女子アナ」カップルのゴールインはない(いずれも、肩書きは当時)。

「地上波のスポーツニュースでプロ野球を取り上げる時間がかなり短くなっており、女子アナが取材現場に行く機会が少なくなっていますからね。単純に出会う確率が減少している。西武の源田壮亮がCS番組『プロ野球ニュース』(フジテレビONE)のキャスターを務めていた元乃木坂46の衛藤美彩と結婚したように、現場に出向けばカップル誕生の可能性は高くなるとは思いますが」

 結婚は減少しているが、近年も交際報道はある。2017年8月にはヤクルト小川泰弘とフジテレビ三上真奈アナ、2019年5月にはヤクルトの原樹里とフジテレビの久慈暁子アナの交際が報じられたが、いずれも結婚には至らず交際終了となったようだ。かつては、カトパンも西武時代の片岡治大と噂になったり、ダルビッシュ有とのデートが報道されたりしたこともあった。なぜ、プロ野球選手と女子アナは交際しても結婚まで至らないケースが増えているのか。

「かつては取材を通じて知り合っていたので、毎日のように相手の仕事ぶりを間近で見ていたから、お互いの職業の大変さを理解しやすかった。しかし、今は現場に行く女子アナが減っていますから、相手の仕事への理解度はどうしても下がるでしょうし、時間もすれ違いになる。それらが破局の原因になるのでは」

 もう1つ考えられるのは、“覚悟”の違いだという。

「本来、取材者のアナウンサーと被取材者の選手は、適切な距離を保たなければならない。職業倫理的には両者が付き合うなんてご法度なわけです。最近はそんな風潮が薄れてきていますが、1990年代や2000年代の頃は今と比べたら、随分とありました。だから、安易な気持ちでは交際できなかった。『付き合ったら結婚するしかない』と覚悟を持って交際していたのではないでしょうか。取材現場で知り合わなければ、そうはならなかったと思います」

 プロ野球選手と女子アナの結婚は今後、減少していくのか。