現在公開中の映画『地獄の花園』と『いのちの停車場』。『地獄の花園』は公開後最初の土日2日間で8万7000人を動員し、興行収入は1億1900万円でランキング3位を獲得。『いのちの停車場』も動員数13万5000人、興行収入1億4800万円でランキング初登場1位を獲得し、好スタートを切った。前者には広瀬アリス(26才)が、後者には妹の広瀬すず(22才)が出演し、対極的な両作が話題となっているが、姉妹の俳優としての“違い”について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 広瀬アリスと広瀬すずが出演し、話題を呼んでいる映画『地獄の花園』と『いのちの停車場』。封切りから4週目に入った現在も、作品を観るために映画館へ足を運ぶ人が増え続けているようだ。2作はまったく異なるタイプの対極的な作品であるため、はしごして楽しむ人も多い印象だ。

『地獄の花園』は、お笑い芸人や俳優としてだけでなく、脚本家の顔も持つバカリズム(45才)が手がけたシナリオを、PerfumeやサカナクションなどのMVを手がけてきた関和亮(45才)が監督したもの。日本中の“ヤンキーOL”たちが抗争を繰り広げるという奇想天外な物語だ。

 素敵なOLライフに憧れる主人公の直子の職場に、カリスマヤンキーOLの蘭が中途採用されたことをきっかけに、あちこちからヤンキーOLたちが蘭に挑戦を挑みにやって来る。ひょんなことから蘭と仲良くなったカタギのOLである直子も、“地上最強のOL”の座をかけた抗争に巻き込まれてしまう。直子役を永野芽郁(21才)が、蘭役を広瀬アリスが演じており、本作において広瀬アリスは、物語が動くきっかけとなる重要な役どころに配されている。

 一方の『いのちの停車場』は、医師で小説家の南杏子による同名小説を、『八日目の蝉』(2012年)などの成島出監督(60才)が吉永小百合(76才)を主演に迎えて映画化したもの。主人公である女性医師が直面する在宅医療の現場から、“命のあり方”が見えてくる作品だ。

 東京の救命救急センターで働いていた医師の咲和子(吉永)が、故郷の金沢にある「まほろば診療所」で“在宅医”として活動をスタート。患者を訪問しての診療は咲和子にとって初めての経験で、“患者の生き方を尊重する”という「まほろば」の方針や、行く先々で出会うさまざまな患者とその家族に戸惑いながら、多様な“命のあり方”を知っていくことになる。本作で広瀬すずが扮するのは、「まほろば」で勤務する訪問看護師の星野麻世。新しい環境での再出発を果たす咲和子をサポートする役どころだ。広瀬姉妹のどちらもが、それぞれの作品において重要なポジションについているのである。

『地獄の花園』はコメディであり、『いのちの停車場』は社会派ヒューマンドラマ。となれば当然、作品の手触りは異なり、彼女たちが演じる役どころも大きく異なってくる。姉のアリスは“ヤンキーOL”という奇異なキャラクターをエネルギッシュに演じており、一方の妹すずは、大きなトラウマを抱えながらも人々のために奔走する看護師に扮している。どちらも助演のポジションであり、異なる演技のアプローチで作品を支えており、この2人の“違い”が印象的である。

 とはいえ、これまでにアリスはシリアスな役もこなしてきた。映画で言えば『銃』(2018年)で演じた、表向きの明るさとは裏腹に、何らかの問題を内に抱えている女子大生役や、高校生から恐妻までを見事に演じ上げたドラマ『知ってるワイフ』(2021年/フジテレビ系)での好演も記憶に新しい。対するすずも、熱い青春モノやコメディ作品に多く出演し、才能を見せてきた。競技かるたに熱中する快活なキャラクターで作品を率いた『ちはやふる』シリーズ(2016年-2018年)や、薬を飲んで仮死状態となった父親を火葬から救うべく奮闘する女子大生をテンション高く演じた『一度死んでみた』(2020年)などが当てはまる。

 若手俳優の中でもトップをひた走る姉妹なだけに、キャリアの豊富さを見れば、各作品における彼女たちの演技の振り幅の大きさは明らかだ。しかしやはり俳優には、得意とする役どころというものがあると思う。アリスが得意とするのは、感情をより表に出すような役どころであり、すずは役の感情の内面に迫るような役どころである。

 朝ドラ『わろてんか』(2017年-2018年/NHK総合)でアリスが演じた漫才師役は、アリスのコメディエンヌとしての才能を開花させた代表作だし、以降はコミカルな役どころが続いている印象があり、そうでないシリアスな作品と器用に演じ分けているのは事実だ。『Q:A Night At The Kabuki』(2019年)で初舞台を踏んだすずは、ステージ上をパワフルに駆け回り観客を魅了したが、それ以上にキャラクターの内面に迫るシーンに惹きつけられた。大きな身振り手振りよりも、静かに心情を吐露するような細やかな表現が、劇場内の空気を変えていたのを肌で感じた。

 その意味で、『地獄の花園』と『いのちの停車場』は、広瀬姉妹の得意な役どころにまさにマッチしており、どちらもハマり役であることは言うまでもないだろう。感染対策をしながら映画館に足を運び、是非姉妹の“違い”を体感して欲しい。

【折田侑駿】
文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。