田村正和さん(享年77)が主演を務めた『古畑任三郎』(フジテレビ系)は、ドラマ史に残る名作だ。12年間にわたって、3シリーズの連続ドラマと、8本のスペシャル版が放送された。そのなかでで、豪華すぎる犯人が登場したスペシャル版について紹介する。

・「笑うカンガルー」(1995年)陣内孝則(62才)

 シリーズ初となるスペシャル版の舞台は、オーストラリアのリゾートホテル。妻に殺害されたはずの数学者が生き返るなど、衝撃かつ込み入ったストーリー展開。表題はオーストラリアのことわざ「男運が悪い女性(カンガルーが笑う)」をもじったもの。

・「しばしのお別れ」(1996年)山口智子(56才)

 フラワーアレンジメント教室を経営する華道家の鳳翆(山口智子)が、営業妨害をしてくる家元を殺害。全シリーズの中で最高視聴率34.4%を記録した。山口の趣味でもあるフラメンコのシーンは、三谷の遊び心で取り入れたともいわれている。

・「黒岩博士の恐怖」(1999年)緒形拳さん(享年71)

 監察医・黒岩(緒形拳)が検案する遺体の肛門から、犯行予告のおみくじが毎回発見されるという猟奇的殺人事件。幅広い役を演じた往年のスター同士の対決は、視聴者を引きつけた。

・「古畑任三郎 vs SMAP」(1999年)SMAP

 お正月のスペシャルで放送され、ファンにとってお年玉になった作品。実在するアイドルグループが架空のアイドルグループ「SMAP」を演じるという、グループ名もメンバー名もそのままのキャスティング。

 とある男に強請されていた草彅と、グループの存続を守ろうと5人が結託してその男を殺害。

「当時人気絶頂にいたSMAPとの対決回と聞き、すごくワクワクしながら見ました。劇中で中居正広が言ったせりふ『SMAPは終わらせない』が、いま思うと感慨深く、切ない」(漫画家&テレビウォッチャーのカトリーヌあやこさん)

・「すべて閣下の仕業」(2004年)松本白鸚(78才)

 ドラマシリーズ終了から5年を経て制作された本作。某国の日本特命全権大使(松本白鸚)が、裏金問題を参事官(及川光博)に公表されそうになり殺害。古畑が徐々に犯人を暴いていくドラマシリーズそのままと、丁寧に張られた伏線などの脚本がファンからも支持された回に。

・「今、甦る死」(2006年)藤原竜也(39才)

 パンの製造工場を経営する名家・堀部家の次男・音弥(藤原竜也)が、跡を継いだ兄を事故死に見せかけた完全犯罪で殺害。かつて金田一耕助を演じた石坂浩二もゲスト出演し、いわば“名刑事と名探偵”の夢の共演となった。

・「ラスト・ダンス」(2006年)松嶋菜々子(47才)

 売れっ子作家として共同活動していた双子の姉妹の、一人二役を演じた松嶋。入れ替わりトリックでアリバイを作り、妹を殺害。ファイナル最後の作品とあって、いままでほとんど描かれなかった古畑の内面や恋愛が描かれた。田村さんの追悼番組として再放送された本作の視聴率は13.4%を記録した。

・「フェアな殺人者」(2006年)イチロー(47才)

 当時現役メジャーリーガーだったイチローが出演し大きな話題になった本作。強請されていた兄に代わって殺害を犯すが、フェアプレーを好むイチローは偽装工作ができずーー。もともと『古畑任三郎』のファンだったというイチローに、ダメ元でオファーしたところ快諾してくれたという。

※女性セブン2021年6月24日号