「第2ステージの始まりの年」──菅田将暉(28才)は今年受けたインタビューでこう語っている。俳優だけでなく、歌手やラジオパーソナリティーとしても第一線で活躍する彼が第2ステージを共に歩むことに決めた相手は小松菜奈(25才)だった。

 ふたりの交際がスポーツ紙で報じられたのは2020年3月のこと。当時はW主演映画『糸』の公開のタイミングということもあり、「映画の宣伝では?」という声もあった。しかし、実際には今年初め、小松が住むマンションの別の部屋に菅田が引っ越し、半同棲生活が開始。その後、菅田が同棲を提案すると、6月中旬には小松が自身の部屋を解約し、一緒に住み始めたという。

 菅田は今年、例年にも増して出演作が詰まっている。現在放送中のドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)の撮影が終わると同時に、来年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)の撮影が始まる。さらに、『キネマの神様』をはじめ、大作映画の公開も予定されているため、舞台挨拶や取材などの仕事も控えている。来年は1月クールの月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)に主演が決まっているなど、出演作が目白押しだ。

「大河の撮影に集中するため、『ミステリと言う勿れ』は、すでに撮影を終えています。出演作が続く中で、菅田さんとしては、大河の撮影に入る前に小松さんとの新生活を始めたいと周囲に話していました」(芸能関係者)

 星野源(40才)と新垣結衣(33才)が結婚を発表したことも彼の背中を押したようだ。菅田はドラマ『MIU404』(TBS系)で星野と共演しており、プライベートでも交流がある。『コントが始まる』の撮影中に結婚のニュースを知って驚いたという菅田。すぐに星野に祝福の連絡をしたという。

「親しくしている星野さんの結婚は心からうれしく、それと同時に菅田さんも小松さんとの結婚を具体的に思い描くようになったとか。いますぐ結婚を発表するというわけではなさそうですが、彼の強い気持ちが揺らぐことはなさそうですね」(前出・芸能関係者)

 映画『糸』のオンラインイベントで、小松は菅田との関係を涙ながらにこう話している。

「役のことを相談すると一生懸命聞いてくれて、それを100倍にして返してくれる。すごく優しい人だけど、ライバルみたいに思うところもある。すごく刺激になる存在。出会ってくれてありがとうございます。本当にいろんなことがあったなと思って……。私もそうありたいと思わせてくれる人なので、これからもよろしくお願いします」

 その言葉には、「これからも俳優としてよろしくお願いします」だけではなく、「長い人生を共に歩んでいきましょう」というメッセージも込められていたのだろう。

 実力派俳優のふたりが縦の糸、横の糸となって紡ぐ物語の先には、俳優として共に刺激を受け合い、成長する姿が待っているに違いない。

※女性セブン2021年7月1・8日号