カトパンこと加藤綾子アナの電撃結婚で、にわかに注目されたお相手の「一般男性」。なにをもって「一般」というかは定かでないが、年商2000億円のスーパーマーケット・チェーンのオーナー経営者となれば、いわゆる「普通の人」ではない。さすが人気女子アナともなると、これまでのケースでも恋愛対象はVIPが目立つが、『週刊ポスト』(6月18日発売号)によれば、加藤アナを射止めたA氏は「女子アナ界」ではよく知られた人気者で、かつてはTBSの出水麻衣アナとも交際が報じられ、「路チュー」写真を撮られたこともある。

 テレビ関係者によれば、華やかに見える女子アナたちも、私生活はいろいろと制限が多いようだ。多忙で出会いやデートの時間を見つけられない、マスコミやファンの目があって大っぴらに交際できないなど、有名になるほどに足かせが多くなる。そういう女子アナたちが頼るのが「合コン人脈」なのだという。『週刊ポスト』では、局をまたいでつながる女子アナたちの恋愛・結婚相関図を掲載しているが、同記事の指摘では、加藤アナをA氏と結び付けたのはフジテレビ時代の同期である椿原慶子アナだったという。

 椿原アナは芦屋に実家があり、聖心女子大学を卒業したバリバリのお嬢様で、実業家から芸能人まで幅広いVIP人脈を持つのだという。そのため、他の女子アナたちも頼る「合コン人脈」の要になっており、A氏だけでなく、加藤アナの元カレも彼女が紹介したと噂されている。そうした事情があるから、今回のように人気アナ同士で恋人・元恋人が重なるといった事態が起きる。

 加藤アナと椿原アナはフジテレビの同期入社だが(加藤アナは現在フリー)、女子アナの世界では局の枠を超えて同期のつながりが強い。

「女子アナは狭き門の憧れの職業です。そこを目指す大学生は、いずれ劣らぬ学園のマドンナや有名人で、キー局の採用試験では、各局とも最終面接あたりまで残る顔触れはほとんど同じになるんです。だから、結果的に別の局に就職しても、同期の女子アナ同士は就職活動の時代から知り合い同士が多く、就職後も仲良しグループができやすい」(女子アナに詳しいライター)

 加藤アナにも、合コン仲間の椿原アナとは別に、局をまたいだ同期の絆があった。

「カトパンといえば、いずれも同じ2008年入社のTBSの枡田絵理奈アナ(現在はフリー)、テレビ東京の相内優香アナとの仲が有名です。カトパンは別格ですが、ほかの2人も比較的早い時期にブレイクしたから、なかなか会うのも難しかったはずですが、インスタで3人の食事会をアップするなど、同期の絆は固いようです。枡田アナが妊娠中に上京した際には、忙しいカトパンが駆けつけて食事会を開いていたこともあります。3人は、仕事はもちろん、恋愛についても相談し合う仲だったようですね」(同前)

 女子アナ界の知られざる合コン・恋愛ネットワークが、人気アナと「一般男性」を結び付ける役割を果たしているようだ。ただし、『週刊ポスト』の相関図に登場した24人の女子アナのうち、20代は5人だけ。フジテレビの全盛期を知る加藤アナも36歳になった。リモートワークが当たり前になった若い世代の女子アナたちは、もしかすると合コン人脈とは違う恋のチャンネルを持っているのかもしれない。