今年3月、日本中が悲しみに暮れた田中邦衛さん(享年88)の訃報。田中さんの代表作といえば1981年から2002年まで放送された『北の国から』(フジテレビ系)だが、同作でまっすぐに生きる農家の青年・草太を演じたのが岩城滉一(70才)だ。

 家族同然の関係だった田中さんと岩城が最後に会ったのは、同じく『北の国から』で共演し2012年に亡くなった地井武男さん(享年70)のお別れの会。『北の国から』のほぼすべてのキャストが駆けつけた。そのときすでに岩城は田中さんの様子に異変を感じていた。

「もうずいぶん体調を崩していて、歩くのも危なっかしかった。それで『邦さん、大丈夫?』って声をかけたんです。邦さんは、僕の顔をじっと見つめたけれど、名前が出てこないようだった。だから、ふと思いついて『あんちゃんだよ。草太だよ。そ・う・た!』って言ったら、『おおー』って笑ってくれたんです。あの邦さん独特の曲がった口でね」

 病魔に襲われていた田中さんだが、「草太」の名前だけは忘れるはずはなかった。その後、悪化する田中さんの体調について人づてに聞くことはあった。しかし、そっとしておいてほしいとの田中さんの家族の意向を受け止め、見舞いに行くことはなかった。

 そして今年3月に田中さんが逝去すると、岩城は追悼コメントを発表した。

「あとから『コメントが短い』と言われたけど、本当に言葉がなかったんです。それでも何か言わなきゃと言葉を絞り出したけど……邦さんと地井兄ぃと僕はちょうど年齢が10才ずつくらい違うんだけど、2人ともいなくなってしまった。家族以上に一緒にいた関係だったから、本当に寂しくて。もっといろいろと話がしたかったですね」

 そう静かに語る岩城はいま、お世話になった北海道への移住を計画している。

「いまでも毎年、ツーリングで北海道を訪れているんです。その中で出会ったのが、摩周湖の近くにある弟子屈という町。来年から夏と冬に1か月くらいずつ、“移住”する予定です。短い人生だし、『北海道に恩返ししたい』じゃあないけど、北海道で何かできたら、という気持ちがあります」

 秋には第1話放送から40周年を記念するイベントも企画されている。もちろん、40周年のイベントにも参加するつもりだ。

「まだ具体的な話は来ていないけど、呼んでもらえたらぜひ出席したい。僕にとっては宝物の作品ですし、みんなで邦さんの思い出を語り合いたいですね」

 秋の“同窓会”は、大切な記憶を受け継ぐための集いになりそうだ。

※女性セブン2021年7月1・8日号