漫画界の巨匠、手塚治虫。そのアシスタントを3年間務め、その後『ダメおやじ』『ぐうたらママ』などで一躍人気漫画家となった古谷三敏(84)が、“師匠”である手塚から受け取った箴言を振り返る。

 * * *
 高田馬場に漫画の通信教育のようなものがあり、漫画を送ると出版社の人が見に来るシステムになっていた。ある時、16ページくらいの漫画を描いて送ると、手塚先生のマネージャーの方から「アシスタントを募集している」という葉書をいただいたんです。

 手塚先生はまさに雲の上の人。嬉しくなって、翌朝8時に先生の自宅を訪れてピンポンを鳴らすと、寝間着姿で出てきた先生にこう言われました。

「漫画家は朝遅いんだから、こんなに早く来ちゃダメだよ。もう少し寝るから、応接間でテレビを観てなさい」

 他にも数人に葉書を送っていたようですが、僕が一番乗りだったので、即採用になりました。長くいるとアシスタントに慣れすぎて独り立ちできないという理由で、期間は3年間と決まっていました。

 背景すら描かせてもらえませんでしたが、先生が仕事をしているその後ろのちゃぶ台でベタを塗りながら、「今、俺は手塚治虫のところにいるんだよなぁ」と。それだけでドキドキしていました。

 先生にはいっぱい怒られましたよ。宝塚に帰省中の先生から電話がかかってきては「ここを描いたのは誰? 指定したのと違うじゃないか」と細かくチェックされる。怒られるのが嫌だから、みんな電話に出ようとしなかった(笑い)。

 連載漫画が8本あり、月刊誌の締め切りが終わる毎月25日の後に少し余裕ができました。そうすると先生はお休みとお小遣いをくれて、

「漫画家にとって映画は一番の勉強になる。必ず1本は映画を観ろよ」

 と僕らを送り出し、休み明けに観た映画の感想文を書くという約束がありました。

 ちょうどカミさんとデートしていた時に、音楽家のフランツ・リストの生涯を描いた『わが恋は終りぬ』という映画を観たんです。それから少し経って、職場で先生に「古谷、最近何か映画を観たか?」と聞かれたので、「『わが恋は終りぬ』を観ました」と答えたら、「えぇ〜っ!」と先生がたいそう驚いて。「リストの生涯を描いた素晴らしい映画だけど、古谷があんな映画を観るのかぁ……何で観たんだ?」と不思議がっていました。まさかカミさんとのデートだったとも言えず困りました(笑い)。

 当時、先生は横山光輝さんや石ノ森章太郎さんにライバル心を燃やしていました。『鉄腕アトム』は人気で『鉄人28号』に勝てなかったため、「なんで俺の漫画は人気が出ないんだ」とイラつくこともあって、“先生でもそんなことを気にするんだ”と不思議でしたね。

〈古谷は、手塚のアシスタントを3年間で辞め、1961年に独立。1963年に赤塚不二夫のアシスタントになった古谷は、“相棒”として1歳年上の赤塚を支える傍ら、自作の発表を続けた。1970年から『少年サンデー』に連載した『ダメおやじ』がヒットし、人気漫画家となる〉

『ダメおやじ』で小学館漫画賞を貰った時(1978年)に、手塚先生がお祝いに来てくださいました。僕がスピーチで「(手塚と赤塚の)2人の偉大な先生に師事できて、すごくラッキーでした」と挨拶すると、先生は「お前は赤塚不二夫の弟子だ。俺の弟子と言うな」と。

『ダメおやじ』は赤塚っぽいテイストだから、“俺の影響を受けてないじゃないか”というわけです(笑い)。

 だけど、自分が漫画家になれたのは手塚先生がいてくれたおかげ。憧れの先生に「俺のところにいた人間が漫画賞を取って嬉しいよ。おめでとう」と言っていただき、本当に嬉しかったです。

※週刊ポスト2021年7月2日号