新垣結衣(33才)が電撃結婚を発表し、はや1か月が過ぎたが、ガッキーロスで溢れるSNS上で、「ポスト新垣結衣」として名前が上がっている女優がいる。

「ガッキーが結婚?永野芽郁がいるじゃないか」
「ガッキーロスは永野芽郁ちゃんで癒やす」
「永野芽郁ちゃんを観てたら、ガッキーのことはもういっかと思えてくる」

 昨年8月クールの連続ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)で、新垣の娘役を演じた永野芽郁(21才)である。

 あるテレビドラマ制作関係者は「新垣さんは唯一無二の存在ではありますが、確かに透明感、清純な雰囲気は、お二人に共通しています。新垣さんの若かりし頃の役に今の永野さんを当てはめることもできます」と分析する。

 そんな永野は、まさに今引っ張りだこ。7月7日からの、戸田恵梨香(32才)とのダブル主演連続ドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』(日本テレビ系、毎週水曜午後10時〜)を控えながら、5月21日からは主演映画『地獄の花園』が公開中。写真は、その映画のヒット御礼舞台あいさつに現れた永野の姿だ。

 舞台で披露した鮮やかなグリーンのワンピースから、これまた鮮やかなブルーのジャケットに着替えて帰りの車に乗るところだ。自身のインスタグラムでは、キュートな笑顔などの投稿が多いが、この日は少々お疲れ気味なのかアンニュイな表情を浮かべていた。普段、厳重につけているマスクを車に乗る時に一瞬だけ外していることからも、彼女がややお疲れモードなのが分かる。

 ある映画関係者は「秋にはもう1本の主演映画『そして、バトンは渡された』の公開を控えていて、さらに、コロナ禍で公開を延期に延期を重ねている注目作『キネマの神様』もあります。4月にはドラマ『イチケイのカラス』にもカメオ出演して、7月は主演ドラマスタートと、文字通りに今年最も多忙な女優です」と話した。

 ド派手なヤンキー役から警察官と役の振り幅も広くなってきた。「2018年のNHK朝の連続テレビ小説『半分、青い』で佐藤健(32才)を相手役にしたヒロインで認知度を上げてからは、『3年A組-今から皆さんは、人質です。-』のヒロインなど、話題作に出続けて、さらにステップアップ。CM起用社数もこの1年で10社以上と上昇の一途」(前出・映画関係者)

 女優業の中でも金看板の「朝ドラヒロイン」出身の20代前半の女優としては、広瀬すず(22才)と人気を二分する存在。さらに、ポストガッキーとまで呼ばれるようになってきただけに、今後も順調な活動を、ファンのみならずスポンサーや映画・ドラマ関係者らからも望まれている。