美容家の佐伯チズさんが2020年6月5日に亡くなってから1年。先日、一周忌法要を終えたばかりだ。2020年3月23日にALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断されたことを公表し、「決して諦めない」と、自らの思いを絞り出すように語ってからわずか2か月半後のことだった。あまりにも突然の発症、そして早すぎる進行に、本人と周囲はどう闘ったのか。チズさんの後継者である息子の佳之さんが、本誌・女性セブンに初めて語った。

「チズコーポレーション」代表取締役の佳之さんは、チズさんの実弟の息子に当たる。IT関連企業で役員を務めた後、チズさんより「佐伯を名乗り、会社を継いでほしい」と言われ、2017年に養子縁組をして息子に。7月にはチズさんの夢だったサロンを日本橋・茅場町(東京)にオープンする予定だ。

「それまで病気ひとつしたことがなく、健康診断を受けてもほとんどA判定だったので、まさかこのような深刻な病気になるなんて、本人も私たちもまったく想像していませんでした」(佳之さん・以下同)

「美肌師」として、チズさんは「ひとりでも多くの人をキレイにする」を目標に、病気を公表した後も、出版予定の本の制作を進めるなど、“キレイへの道”を伝え続けていたが、最期は自宅で力尽きた。

 訃報を受けた美容家でタレントのIKKO(59才)は、自身のツイッターで、《大先輩の美容家・佐伯チズ先生数々の偉大なる功績は、私達、後輩の道標でありました。今朝、訃報に触れ、ただただ驚きでしたが、天国で、ゆっくりお休みになってください。心からご冥福をお祈り申し上げます。愛をこめて》と追悼した。

 幅広い女性に支持を受け、美容家仲間からも尊敬を集めたチズさんの生涯は、本当に「キレイ」を追い続けたものだった。

オードリー・ヘプバーンに憧れ、美容に目覚める

 チズさんは、中学1年生のとき、母が愛読していた映画雑誌でオードリー・ヘプバーンを見て、息をのむ美しさの虜になり、ソバカスのない白い肌を目指して努力を始める。

 高校卒業後はOLを経て、美容師として働いた後、フランスの香水・化粧品メーカーの『ゲラン』に入社。ここで「洗顔しすぎない」「水に濡らしたコットンに化粧水を含ませて行う“ローションパック”」などの、佐伯式美容法の基礎を築く。

 その後、最愛の夫との死別を乗り越え、香水・化粧品を扱う『パルファン・クリスチャン・ディオール』に入社。定年後の60才でエステサロンを開き、佐伯式美容法の伝授を始める。

 著書は累計500万部を超え、講演、テレビ、雑誌などに多数出演するなど、精力的に活動していた。

突然、つまずくようになり…

 そんなチズさんの体に異変が起きたのは、2019年9月のことだ。

「当時は、あまり気にしていませんでしたが、いまになって思い返すと、その頃からしょっちゅうつまずくようになって。地方でのイベントはもちろん、都内近郊での仕事や買い物まで一緒に行動するようにしていました。

 70代半ばでしたから、筋力の低下が原因だと考え、パーソナルトレーナーに指導を受けながら筋トレを行っていましたが、なかなかよくならない。本人は『別に食欲もあるし、よく寝られる』と言っていたので、加齢によるものと軽く考えていたのですが……」

 その後、手足がうまく動かないことが続き、2020年1月末に病院で検査を受け、ALSであると医師から告げられた。

「最初は、『何を言われているのだろう?』という感じで、現実味がなく、本人にはなかなか言えませんでした。それで、セカンドオピニオンを受け、ようやく伝えたのです。

 セカンドオピニオンに行った病院では、最初は私がひとりで検査結果を聞くつもりでしたが、佐伯が『やっぱり知りたい。私の体のことだから教えてほしい』と言うので、医師からALSで間違いないと告げてもらいました。あまりにも予想外の病名でしたが、佐伯は『そう』と何か悟ったような感じでした」

 帰りの車中は終始無言だったが、チズさんは、「『夢は薬、諦めは毒』と話している自分が諦めるわけにはいかない、同じALSの人たちにも勇気を届けられるように頑張る」と、前向きだったという。

 チズさんは、仕事でつきあいのあった『ロングライフ』が運営する介護施設は「サービスが行き届いて素晴らしい。介護が必要になったら、そこに入りたい」と言っていたため、佳之さんが見学に行くと、近くにALSに力を入れている病院があり、環境的にもよい場所だった。

「でも、京都にあるため『なかなか面会に来てもらえないから、寂しい』『やっぱり行こうかな』と、本人の気持ちは揺らいでいましたね」

 そんな中、2月24日にALSを公表する動画を撮影。このときのメッセージが公の最後の言葉となる。すでに足がほとんど動かず、車いす生活になっており、話しづらさも出始めていた。

「この後から急に進行し始めました。3月に入ると手足はもちろんですけど、飲み込みづらくなってきたので、一時、入院もしたのです。ちょうど、コロナの問題が出てきた頃でしたが、身内はどうにか面会できる状況でした。

 2週間くらいの入院で自宅に戻りましたが、その経験から『やっぱり病院や施設みたいなところにいるのは嫌』と、ずっと言っていました。

 もちろん、その願いは叶えたいと思いましたが、現実的に、課題がたくさんあって……。

 3月末にはまったく動けなくなりましたが、どうするのがいいか悩み続け、答えが出ないままでいたところ、女性スタッフたちが声を上げてくれて……」

 このスタッフとは、チズさんの秘書兼サロンマネージャーで、直弟子としてサロンで施術も行ってきたビューティシャンの平山泰代さんを含む古参スタッフ3名のことだ。

「仕事としてではなく、私たちが交代で、つきっきりで先生を看ますので、自宅にいさせてあげてくれませんか」と、彼女たちが申し出たのだ。

「本当に長い間、佐伯とともにいてくれたスタッフですので、本人がいちばんうれしかったと思います。自宅であれば、私や父も顔を出せますし、看ることができるので、自宅で介護や看病ができる体制を作ろうと決心しました」

 男の佳之さんにとって、トイレの介助など、女性スタッフの存在は、本当にありがたく、心強かったという。

 ケアマネジャーや訪問ドクター、訪問看護師らの手も借りながら病気と闘い、よりよく生きるためのサポートを行った。だが、担当ドクターから、「この年齢でこれだけの早さで進行してしまう人は、おそらく10%もいない」と言われたほど早いスピードで、病は進行していった。

 チズさんは初期段階から、「延命処置は、一切してほしくない。体に傷をつけたくない」という意思表示を続けていたため、4月に入って「胃ろう」を医師から提案されたが、静脈から栄養を流し入れることを選択。4月末になると話をすることも困難になり、呼吸機能も低下。「呼吸機器もつけないということであれば、もって2か月ということを覚悟してください」とドクターに告げられたが、意思を尊重したという。

取材・文/山下和恵

※女性セブン2021年7月1・8日号