女優・深田恭子の病気降板により、7月スタートの連続ドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)の主役を比嘉愛未(35)が務めることになった。比嘉といえば、2007年のNHK朝ドラ『どんど晴れ』のヒロインや、『コード・ブルー』(フジ系)のフライトナース役などで知られる。ドラマオタクのエッセイスト・小林久乃氏が「代役が成功した事例」を振り返った。

 * * *
 そろそろ夏ドラマが始まろうとしている。奇しくも放送前からメディアの話題に上がったのが、7月スタートの『推しの王子様』(フジテレビ系)だ。

 6月上旬に突然、マスコミに発表された深田恭子の、適応障害による芸能活動の休業。彼女はこの作品に主演する予定だった。そして代役としてヒロインを務めることになったのは、女優の比嘉愛未だ。

 こういった“代役”は、今までもかなりの数の俳優たちが経験をしている。そして、急きょ、新しい役柄に対応力を発揮して、次のステージへ進むパターンが多く見られている。今回はその一部を、テレビオタクの記憶を絞って、振り返って行こう。

代役たちが魅せた“底力”

“代役”と聞くと、一番に思い出すのは2013年の、天海祐希主演舞台・『おのれナポレオン』。7公演を残しながら、病気により降板することになってしまった。「筋肉は裏切らない」「食べたら動け」と、バラエティ番組で豪語していた彼女だったので、体調不良とは……と驚いた。たださらに驚きを増したのは、代役の宮沢りえがたった2日間の稽古で、完璧に仕上げてきたこと。観客たちは、どれほどの興奮を覚えたのだろうか。

 世間を巻き込んで騒がせた代役騒動もある。2017年に突然、新興宗教へ出家した清水富美加(現・千眼美子)が映画『東京喰種 トーキョーグール』の続編を降板。その代わりに山本舞香が好演した。今や彼女は演技だけではなく、元ヤンキャラをぞんぶんに生かして、バラエティー番組でも引っ張りだことなっている。

 同年、未成年女性との不適切な関係が発覚した小出恵介。彼が出演するはずだったドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)に、現在は主演クラスの俳優となった、賀来賢人が代役を努めた。現在、賀来の振り幅が広すぎる活躍は、周知の通りだ。

比嘉は今クール2作で主演

 最近では天下のNHK大河でも、衝撃的な薬物事件による代役騒動が勃発してしまった。2018年の『いだてん』では、ピエール瀧が出演半ばで逮捕によって、役を降りた。そして2019年の『麒麟がくる』に出演予定だった、沢尻エリカも同じく。逮捕時点で、すでに収録がかなり進んでいたとされる中、一度は“女優の色”がついた役に挑んだのが川口春奈だ。撮り直しという緊張感の漂う現場で見事に演じきり、そして2021年の春ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)では主演女優に選ばれている。人気は着実に上がった。

 ごく一部ではあるけれど、今まで起きた芸能人の降板騒動をこうして並べてみると、急遽代役を演じることは大きなチャンスでもある。もちろん何人ものスタッフ=目利きたちによって、精査され、選ばれた人たちなのだから実力はお墨付き。だからこそ、当初予定されていたキャスティングの人気を超えて、実力を発揮するのもうなずける。

 そして冒頭で紹介した比嘉愛未も、これから壁がやってくる。収録現場も、世間にもインパクトのある“深キョン”主演のイメージが先行して、良くも悪くも騒がれることになる。でもそれは裏を返せば、放送当初から注目度が高まっているという利点だ。

 加えて彼女の場合、ラッキーな(?)ことに現在放送中の『にぶんのいち夫婦』(テレビ東京系)では、夫に不倫疑惑のある妻を主演している。そして『推しの王子様』が始まれば、ドラマ界では非常に珍しく、同クールで主演作が放送されることになる。来年は比嘉旋風が吹き荒れているかもしれない。

【プロフィール】こばやし・ひさの/静岡県浜松市出身のエッセイスト、ライター、編集者、クリエイティブディレクター。これまでに企画、編集、執筆を手がけた単行本は100冊以上。女性の意識改革をライトに提案したエッセイ『結婚してもしなくてもうるわしきかな人生』(KKベストセラーズ刊)が好評発売中。