「本当にきれいで神の領域!」「マスクをしていると米倉涼子さんにも見えるわ」

 興奮気味に感想を語り合う中年女性のファンたちが、熱い視線で見送ったのは、芸歴 21年目のベテラン歌手の氷川きよし(43 才)。6月9日に、2月から延期されていた「氷川きよしコンサートツアー2020-2021〜Never give up〜」を終えて、帰路に就くところを、大勢の熱狂的なファンが出待ちしていた。

 氷川を古くから知るあるスポーツ紙記者は「化粧が変わったこともあるのでしょうが、ここ数年は、いつにも増してというか、年々美しさが増してきています。たしかに、ファンの間では米倉涼子さん似と言われたり、男女の性別を超越した美しさと評判になっています」と話す。

 この夜の帰宅時も、全身真っ白のゆったりした服装に、胸元にキラリと光るネックレス。

 足元はシャネルのサンダルと、一目で分かる“スタールックス”。別格の存在であることを証明していた。

 1月放送の「有吉ゼミ SP」(日本テレビ系)でも「最近は野草にハマっていて、おいしいのがいっぱいある。野草ソムリエを目指しているんですよ」と、個性的な美容健康法も明かした氷川。5月23 日放送のトーク番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)にゲスト出演した際には、MC のくりぃむしちゅー上田晋也(51 才)から、前回出演の 9年前から若さが変わらないことを指摘され、「やっぱり美しくいたいっていう気持ちがすごくある。年齢とともにちゃんと努力をしていかないと」とこだわりを垣間見せた。

 前出のスポーツ紙記者は「やはり 2019 年大みそかの紅白歌合戦で、龍の頭に乗って、ハードロック調のアニメ『ドラゴンボール超』の主題歌『限界突破×サバイバー』を黒のボディースーツ姿で披露したころから、明らかにキャラが変わりましたよね」と振り返る。

 デビュー20 周年の直前ごろから、美しさを追求し、美容にこだわりを持つ素顔を明かすようになり、それまでの演歌王子から脱皮して、ジェンダーレスな魅力を放つようになっていった。

 ある芸能関係者は「それに伴ってメークや見せ方も変わっていっての新境地。従来のファンも離れるわけではなく、氷川さんの生き生きした活動に、むしろ応援により熱が高まっているわけです」と解説した。

 この夜のライブも、美空ひばり風ドレスにタキシード、侍風の和服にピンクと白のステッキ&ハット、黒のボディースーツとまさに七変化だった。公式インスタグラムでも美しさにこだわったカットが確認できる。芸能界を何周も回って、今、最も最先端なところにいるアーティストといえるのかもしれない。