NEWSポストセブンで2021年上半期(1月1日〜6月22日)に公開した記事の中から、大きな話題を呼んだ記事トップ10を発表します。第6位は、4月15日に配信した『有吉弘行と夏目三久の初2ショット 愛犬を抱えてお散歩デート撮』です。4月2日に結婚を発表した2人。それまでは交際を隠していたが、結婚を公にしたことで、2人で堂々と出かける機会が増えたようです。この時は、愛犬を抱いて歩くツーショットがキャッチされました。(年齢などは掲載当時のまま)

 * * *
 都内の一等地にある高級マンション。エントランスからトイプードルを連れたカップルが肩を寄せ合うようにして出てきた。通りすがりの人がふたりの顔を見て、目を丸くした。新婚ホヤホヤの有吉弘行(46才)とフリーアナウンサーの夏目三久(36才)だったからだ。4月にしては、やや肌寒かったからなのだろうか。有吉は愛犬をまるで“わが子”のように自分のジャケットで包み込んで抱き、寒さから守っていた。

 4月2日の電撃的な結婚発表から1週間。一緒にペットの散歩に出かけるというのは、普通のカップルにとっては日常的なワンシーンかもしれないが、彼らにとっては待望の日だった──。

 有吉と夏目は交際を徹底的に隠していた。2016年8月に、スポーツ紙がふたりの交際に加えて夏目が妊娠していると報道するも、即座に否定。しかし、水面下で恋は続いていた。

「報道後のハレーションでふたりは破局。しかし、再びよりを戻した。そのとき、有吉さんは『もう邪魔されたくない!』と交際を誰にも明かさないことにしたのです。隣り合うマンションに住み、デートは常に自宅。人目を避けて愛を育んできました」(芸能関係者)

 秘密主義は徹底されており、有吉の弟も結婚発表直前に初めてふたりの関係を知らされたほどだ。

「有吉さんは交際を秘密にしていることを心苦しく思っていました。本来であれば、結婚発表の前にお世話になっているかたに伝えるのがマナーですが、それができなかった。義理堅い有吉さんは、結婚を公にするやいなや、すぐさま各所に挨拶まわりを開始。『〇〇さんには、この番組のときに必ず挨拶を〜』『〇〇さんにはこれを持って行って〜』と綿密に計画を立てていたそうです」(前出・芸能関係者)

 同じ所属事務所の先輩であるダチョウ倶楽部の上島竜兵(60才)には、電話で報告。『進め!電波少年』(日本テレビ系)でのブレーク後、一気に仕事がなくなった時代に、自分をリポーターに起用してくれた放送作家の高田文夫(72才)のもとへも足を運んで挨拶したという。

「高田さんがレギュラーを持つラジオ局に放送前、『とらや』の羊かんを持って訪れ、『(報告が遅くなって)このたびはすみません……』とお詫びしたそうです」(ラジオ局関係者)

 冒頭の愛犬とのお散歩デートは、関係者への挨拶をひと通り終えた頃。この日は、忙しいふたりの休日が1週間のうち唯一そろう日だ。

「このワンちゃんは夏目さんの愛犬。彼女が愛犬と散歩する姿はよく見られていましたが、ふたりで散歩したのは初めてじゃないかな」(前出・芸能関係者)

 その二日後、ふたりは東京・銀座の高級ブランド店エルメスを訪れていた。居合わせた客が明かす。

「ネクタイやチーフのコーナーにいて驚きました。夏目さんが『これ、普段買わないけどロックっぽくて良いね』とちょっと派手目なネクタイを彼のために選んでいました。お店の中では、夏目さんがずっと有吉さんに話しかけていて、その都度、有吉さんは『そうだね』とか『うんうん』と優しい声で相槌を売っていたのが印象的でした」

 これまで、ずっと人目を避けて交際を続けてきたふたり。結婚を機に、ようやく堂々とデートができるようになったのかもしれない。

 冠番組の『有吉の壁』(日本テレビ系)では、若手芸人たちにお笑いの壁を用意している有吉。彼自身も高い“壁”をクリアして、ようやく手に入れたデートだったようだ。

※女性セブン2021年4月29日号