現在公開中の映画『茜色に焼かれる』で4年ぶりの単独主演を務めている女優・尾野真千子(39)が再婚していたことが、週刊ポストの取材でわかった。お相手は沖縄在住の一般男性で、尾野は再婚となる。同誌7月28日発売号で報じる。

 映画『茜色に焼かれる』では、コロナ禍で経営していたカフェが倒産するなか、女手一つで息子を育てるために奮闘する母親役を演じている尾野。今年5月に舞台挨拶に登壇した際には、「こんなやりにくい世の中で、私たちの仕事はもうできないかもしれないと恐怖が襲ってきた」と不安を吐露し、無事公開にこぎ着けたことに思わず安堵の涙を流した。

 この時期、尾野はプライベートでも大きな変化があったのだ。芸能関係者が語る。

「尾野さんは、2017年に一般男性と離婚しましたが、この5月に再婚したそうです。お相手は沖縄在住のAさんで、廃棄物処理や家庭ゴミのリサイクルなどを担う地元企業の代表取締役を務めている。尾野さんは現在、オフの時には沖縄のAさんの家で過ごしているそうです」(芸能関係者)

 尾野とA氏を繋げたのは、尾野が2010年に出演したドラマ『ニセ医者と呼ばれて〜沖縄・最後の医介輔〜』(日本テレビ系)だ。同ドラマは沖縄・今帰仁村で撮影されたが、そこで現地コーディネーターを務めたのがA氏だった。

 尾野の離婚後、2人は急速に距離を縮めていったという。

 今年5月に放送された『アナザースカイ』(日本テレビ系)に出演した尾野は、女優活動20周年を記念した自主制作映画の企画で、2015年から昨年にかけて沖縄の今帰仁村に琉球古民家を建てたことを明かしている。

 尾野は今帰仁村を選んだ理由を、「10何年前に出演したドラマ(『ニセ医者と呼ばれて〜』)で(今帰仁村に)来ていて。すごい縁を感じて」と語っていた。

 番組では、尾野が今帰仁村に通ううちに行きつけになったという食堂が紹介されているが、A氏はその食堂を経営している会社の代表でもある。

「Aさんはユーチューブ動画も配信していますが、そこに尾野さんもたびたび登場しています。昆虫を食べる回では、目隠しをした尾野さんがAさんに虫を口に入れてもらっていたり、沖縄でゴミ回収をする回では、尾野さんがAさんの会社のロゴが入ったTシャツを来て手伝っている。画面越しにも親密な様子が伝わってきます」(同前)

 A氏に尾野との結婚について尋ねると、はにかんだ表情を浮かべながら「ノーコメントで」と去って行った。

 尾野の所属事務所は週刊ポストの取材に「5月に入籍したのは事実です。(尾野は)東京で仕事もしているので、まだ同居しているわけではありませんが、仲良く過ごしていると聞いています。(自主制作映画を撮る過程で) Aさんがロケのことなどで協力してくださって。一緒にものを作ってきてリスペクトがあったなかで気づいたことがあったようです」と回答した。

 前出の番組では、尾野は今帰仁村について、「心の帰る場所。あそこがあると安心する」と語っていた。それは、新たな伴侶について語った言葉でもあったのだろう。

【プロフィール】
尾野真千子(おの・まちこ)/1981年生まれ、奈良県出身。1997年、映画『萌の朱雀』で主演デビュー。2007年、『殯の森』で第60回カンヌ国際映画祭コンペティション部門グランプリ。2011年、NHK連続テレビ小説『カーネーション』ヒロインに抜擢されたほか、数々のドラマ、映画で活躍している。