昨今、ジャニーズアイドルたちの交際や結婚報道も珍しくなくなった。応援するファンにとっては寂しい気持ちもあるだろうが、一方で当人の幸せを願って祝福するのが本当のファンである、という考え方もある。アイドルの交際報道が出るたびに揺れ動くファン心理が垣間見える。

 先日もKis-My-Ft2の横尾渉(35)が、『FRIDAY』の取材に対して、一般女性との真剣交際を宣言し、その誠実な対応が注目を集めた。記者に対して「中途半端な気持ちじゃないです」と交際を認め、また相手の女性が一般人であることについて「一般の方なので守ってあげたい」と明言した姿も、世間の好感度を高める結果につながった。

 ただ、「キスマイ担」や「俺足族」と呼ばれる熱心なファンたちは、今回の報道に複雑な思いを抱いているようだ。熱心な「キスマイ担」の一人である、都内の女子大生Aさん(20代)はこう語る。

「キスマイのリア恋枠(※リアルに恋してしまうアイドル)といえば、たま(玉森裕太)、ひろみつ(北山宏光)、たいちゃん(藤ヶ谷太輔)あたりだと思うので、横尾さんの交際宣言はそこまでショックじゃない。実際『もう横尾さんもアラフォーだし、幸せになってほしい』と言うファンも多いです。ただ、ファンとしては横尾さんのこれまでの交際相手と噂されている女性たちの“匂わせ”に複雑な思いはあるんです」

“匂わせ”というのは、自分がアイドルと付き合っていることを“匂わせる”SNS投稿をすること。

「今回のお相手に限らず、横尾さんと交際してきたとされる女性たちは、横尾さんの私物や飼っている犬の写真をアップしたりしていたんです。ファンの中からは、『これで“匂わせ”しない彼女だったらもっと評価上がったのに』と残念がる声もちらほら」(Aさん)

 関西の大学に通う「キスマイ担」の女性Bさん(20代)は、ジャニーズアイドルの交際相手の“匂わせ”事情についてこう語る。

「SNSが発達してから、ジャニーズアイドルと付き合っているだろう子は簡単に特定できるようになった。本人たちが“匂わせ”したり、自分からSNSで暴露したりするからです。中には、インスタライブで関係があることを暴露したり、鍵アカウントでアイドルが映り込んだ動画などをアップする子もいる。

 彼女たちは“匂わせ”を通じて他のファンたちにマウントを取りたいんだと思います。今後、ジャニーズアイドルの交際報道や結婚報道が出る際には、『匂わせをしない女を選んでいるか?』というところが、ファンからの評価につながると思う。その辺りをしっかりと守れる相手と付き合っていれば、株も上がると思います」(Bさん)

 誰もがSNSで自由に発信することができるこの時代。もちろんデマ情報が飛び交うこともあるが、アイドルと繋がりのある一般女性がプライベートな情報や個人情報を流出してしまうケースも後を絶たない。それによって活動休止を余儀なくされたジャニーズJr.のタレントもいる。

 ファンにとってアイドルは“疑似恋愛”の対象という側面もあるとはいえ、実際に結婚するときは祝福したいという思いもあるだろう。そうした中でファンたちは、最低限のルールとして“匂わせない”女性との交際を望むようになってきているようだ。