2005年に結婚した2人は、15年目で離婚という選択に至った。7月24日、市村正親(72才)と篠原涼子(47才)が離婚を発表した──。2人の出会いは2001年9月、篠原の初舞台『ハムレット』でのこと。篠原は市村の演じるハムレットのお妃候補・オフィーリアを熱演。この共演をきっかけに24才差の2人は交際をスタートさせた。

 当時、市村には妻がいたが、市村は2003年に離婚し、2005年に2人は結婚。市村はインタビューなどで篠原を「神様がくれた宝物」などと表現するなど、おしどり夫婦そのものだった。それゆえに今回の離婚発表は、親族にとっても寝耳に水だったようだ。

「報道で初めて知って、びっくりしています」

 どこか目元に優しさを感じさせる男性は、複雑な面持ちで心境を吐露した。群馬県桐生市──昔から養蚕が盛んな地域として栄えてきたこの町は、篠原が生まれ、育った町だ。彼女の実家前に軽トラックを止め、記者の質問に答えたのは、篠原の6才年上の兄。彼もまた突然の発表に驚いた1人だった。

 芸能界でも屈指の大物カップルだが、離婚に際しては慰謝料も財産分与もなく、長男と次男の親権は市村が持つ。篠原は兄と3才上の姉がいる3人きょうだいの末っ子だが、彼らにも離婚は知らせていなかった。

「(篠原と)発表後にも連絡は取ってないです。去年とかね、会うときは会っているんだけど、コロナのこともあってこの一年は顔を見ていなかったな」

 兄は、離婚だけでなく、親権を市村が持つことにも驚かされたという。

「お互い不仲だったら、涼子は絶対に親権を渡さないと思うよ。渡したのは、市村さんを信頼しているからこそじゃないかな……」

 詳しい話は聞いていなくても、兄には妹の胸中がわかるのだろう。ただ、記者が離婚の理由について問うと、言葉を濁した。

「まあ、人間だからさ……うん……」

 かつて市村は、夫婦関係についてこう語っていた。

《僕らはよく言ってるんです。出会ってから、お互いの道がどんどんいい方向に開けていってるよねって》(2020年1月に発売された市村の著書『役者ほど素敵な商売はない』より)

 熟年離婚を選んだ2人がそれぞれ歩む道は、これからどのように開けていくのだろうか。

※女性セブン2021年8月12日号