ステージに歩み出て、歌を口ずさみながら、音楽に合わせて踊る姿――彼の輝く勇姿を再び見ることができるとは、誰が予想できただろうか。7月17日、中居正広(48才)と安住紳一郎アナウンサー(47才)がMCを務めた『音楽の日』(TBS系)の生放送でのことだった。V6が披露した『WAになっておどろう』は、日本各地の参加者と中継をつなぎ、一緒に歌って踊る演出で番組を盛り上げた。その冒頭、坂本昌行(50才)がこう呼びかけたのだ。

「テレビの前の皆さんも歌って踊りましょう! スタジオのスタッフの皆さんも、中居くんも安住さんもひとつお願いします!」

 その呼びかけに応えるように、中居はステージ端のMCの立ち位置で、歌を口ずさみながら遠慮がちに踊り始める。しかし、カメラが中継先からスタジオに戻った際、中居の姿がMCの立ち位置から消えた。なんと、V6とともにステージ中央で踊っていたのだ。隣に並ぶ三宅健(42才)は、よほどうれしかったのか、満面の笑みを浮かべている。

「思わず涙しました。中居くんは2020年2月のジャニーズ退所会見のときに『(SMAPが解散してから)3年間ワンステップも踏んでない。いまの段階では歌と踊りは、ぼくの中で蓋をしてしまったかもしれませんね』と言っていました。

 中居くんはダンスが大好きですが、人前で披露するのは“SMAPの中居正広”だったからこそ。退所から1年半近くが経ちますが、今回、このような形でダンスを見られるなんて……。驚いたと同時に、とても感激しました」(中居の40代ファン)

 この“解散後タブー”を破った裏には、後輩の三宅の働きかけがあったようだ。三宅は自身のブログでこの日の出来事を語っている。

「三宅さんは、中居くんが嫌がるかなぁと思いながらも、勇気を出してステージに引き寄せたそうなんですよ。もう歌わない、踊らないと言っていた中居くんが踊ってくれたことがすごくうれしかったと三宅さんは綴っていましたよ」(前出・中居のファン)

 三宅が中居を慕うようになったきっかけは、三宅がジャニーズJr.に入りたての頃。Jr.の一員としてSMAPのコンサートで自己紹介をした際、緊張でガチガチになっていた三宅に助け船を出したのが中居だったのだ。

「緊張して何を話していいのかわからない三宅さんに『“ぼくは絶対にビッグになるので、いまのうちにファンになっておかないと損しますよ”って言ってみな』と、中居さんが耳打ちしたそうなんです。三宅さんは言われるがまま、スピーチしたところ会場は大ウケ。三宅さんのあどけないルックスも相まって、これをきっかけに彼のファンになった人も多いと聞きます」(芸能関係者)

 この一件を機に、三宅は中居に対し、尊敬する先輩──“尊先”として、憧れの眼差しを向けるようになった。中居のジャニーズ退所後も、三宅の“中居愛”は薄れるどころか、むしろ増している。芸能人でありながら、中居のラジオ番組にはがきを出して中居との交流を図ったことも。

「最近のテレビ番組収録で中居さんと楽屋が隣になったそうです。三宅さんはこのチャンスを逃すまいと楽屋挨拶に。伝えたいことが多すぎて3回も行ったんだとか(笑い)。その際、中居さんの個人事務所である『のんびりなかい』の中居さんに次ぐ2番目のタレントとして移籍をしたいと直談判した話まであります。冗談だったようですが、なるべく近くに居たいという“中居愛”を感じます」(前出・芸能関係者)

 11月1日をもって解散するV6。“尊先”とのグループの垣根を越えた関係は、今後も続いていくのだろう。

※女性セブン2021年8月12日号