映画コメンテーターの有村昆(45)とフリーアナウンサーの丸岡いずみ(49)の協議離婚が成立したことを、7月29日、所属事務所が報告した。2人は連名でメッセージを発表し、「互いの生き方を見つめ直すために別々の道を歩むこととなりました」「私たち二人にとって子供はかけがえのない宝ですので、今後とも協力して子育てにあたっていく所存です」と綴った。

 離婚のきっかけになったのは、『FRIDAY』(5月14日号)で報じられた有村の不倫未遂疑惑だった。美女と食事デートし、「ムラムラした時はいつでも呼んでくださいね」などと言葉をかけたほか、「スイーツを食べるだけ」という口説き文句で粘りケーキバイキング付きのラブホに女性を連れ込んだ──これらのゲスな口説き文句の数々は物笑いの種となり、有村は所属事務所から芸能活動自粛を“宣告”された。

 不倫“未遂”疑惑にもかかわらず、活動自粛という厳しい状況に追い込まれ、そしてついには離婚に至った背景には、“余罪”が関係しているようだ。ある芸能関係者は当時、『女性セブン』の取材でこのように語っていた。

「有村さんの女性関係は派手で有名でした。結婚後もモデルや女子アナと合コンを開き、あわよくばお持ち帰り、というアグレッシブなスタイルを貫いていましたから(笑い)。本人としても、『ほかの記事が出るかも』という思いがあるから、活動自粛を受け入れたのでしょう」

 同誌では、昨年11月下旬、有村が女性を口説く現場に居合わせた客のこんな証言が報じられていた。

「騒がしいお店ではないので、有村さんの声はよく聞こえました。彼は興奮すると声が大きくなるようで……かなりハードな下ネタを話していましたよ(笑い)」

 有村の口説き文句……というより下ネタは、このようにエスカレートしていったという。

有村「性体験は豊富だよ。40代になると20代みたいにガツガツ行かなくても、全然うまくいっちゃうから。それがある程度年齢のいった余裕かもしんないよね。エッチは好きだけど週に2回ぐらいかな」
女性「すごすぎますね」
有村「しかも相手の希望で3P。おかげで3Pが得意な人になったよ(笑い)」
女性「やったことないです」
有村「楽しいよ。4Pもないの?」
女性「はい……」
有村「とにかくバンバンやった方がいいよ」

 そして、最後に有村は、「で、いつ空いてるの?」と女性の顔をのぞき込んだという。

「有村さんは、『今日はカウンセリングだけでも』『ホテルを取って、朝まで泊まってもいいし』と、熱心に口説いていました。女性は『ダメダメ』と断っていましたが、有村さんはめげることなく誘い続けていましたね」(前出・居合わせた客)

 別の芸能関係者によると、有村は、ある“超遊び人”グループと懇意にしていたという。その関係者が紹介する女性たちは口が堅く、だからこそ彼も安心して女遊びを楽しんでいられたのだろう。グループの中核メンバーである某経営者は、アンジャッシュの渡部建(48)とも懇意で、女性を紹介していたらしいが……。

「ところが、昨年6月に渡部さんが不倫報道で没落。この超遊び人グループも活動を自粛したことで、有村さんはSNSナンパなどに手を出してしまった。その結果、秘密裏だった遊びが、オモテに出てしまったのだと思います」(芸能関係者)

 ついに丸岡いずみと離婚し、フリーとなった有村。お得意のハードな下ネタを武器に、今後はまた堂々とナンパを楽しむのだろうか。