アニメ「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華」などで人気の歌手・LiSA(34才)が、一部活動休止を発表した。「心身疲労により一定期間の静養が必要と判断しましたため、一部の活動を休止し、静養させて頂くことと致しました」と公式サイトで説明している。

 レコード会社関係者は「心身疲労の理由は夫婦問題でしょう。夫の不倫の“後始末”について話し合うため、整理するために時間が欲しかったのだと思います」と明かす。7月30日、文春オンラインで、夫で声優の鈴木達央(37才)がスタジオ勤務の20代女性と不倫していると報じられた。

 前出のレコード会社関係者は「彼女はアリーナツアーの真っ最中でした。昨年は大ブレークをしたのに、全て中止となりオンラインしかできなかった。ようやく大好きなライブが存分にできているので、インスタでの『ほんっとに幸せ』『最高』との言葉は本心なんです」と話す。

 さらに「7月16日と17日は故郷・岐阜の隣の名古屋でのライブでした。母親ら家族も招待して、うれし涙を流していた。そんな凱旋ライブの日に、東京の自宅に夫が浮気相手を連れ込んでいたなんて……さすがに気の毒すぎます」と明かした。

 ある芸能リポーターは、「LiSAさんは中高生のころはヤンチャだったらしく、元ヤンキーで夫に“ゲス不倫”をされたという共通点から、佐々木希さん(33才)との類似点が指摘されています。佐々木さんは、アンジャッシュ渡部建さん(48才)とは離婚をせずに夫婦関係を継続させていますが、LiSAさんはどんな決断をするのか。LiSAさんが不在時に自宅に別の女性を呼んだことも含め、許すことは簡単じゃないでしょう」と解説する。

 一方で、夫との格差が夫婦関係の今後を占う鍵となるという声もある。前出のレコード会社関係者は「旦那も声優界では有名ですが、爆発的ヒット曲を持つ彼女との収入格差は歴然。子供もいないし離婚はしやすい。LiSAさんは今回のアリーナツアーを成功させたら、次は夢のドームコンサートも現実的になってくる。不誠実な夫に足を引っ張られないでほしいというのが、周囲の本音。佐々木さんとは違う決断を下すと思いますよ」と話す。

 自宅に不倫相手を連れ込んで痛い目を見た芸能人は、古くはマルシアにバレた大鶴義丹から、中村昌也と鉢合ってしまった矢口真里、小室哲哉らがいるが、いずれもその後に離婚が成立している。愚かな夫の生殺与奪を握るLiSAは、果たしてどんな決断をするのだろうか。