チャンネル登録者数240万人を誇る人気YouTuberユニット・コムドットが深夜の騒音トラブルが報じられ、話題となった。報道を受けて同グループは9月14日にInstagramを更新。「まずはじめに 近隣住民の方に迷惑をかけてしまったことに関して反省しております」と殊勝につづっているが、実は彼らが謝罪するのは今年3回目だ。

 3月にはYouTuberたちの大人数飲み会に参加し、さらに6月には、女性YouTuber・あやなんの誕生日パーティーに参加したことが『文春オンライン』に報じられた。短期間で騒動・謝罪を繰り返し、さすがにネット上でも「また?」と呆れる声が続出している。

 あやなんの誕生日パーティーには、コムドットのほかにも水溜りボンド、ヘラヘラ三銃士、アバンティーズといったYouTuberユニットのメンバーたちが31名も参加していたという。緊急事態宣下とは思えない大騒ぎに〈モラルがなさすぎる〉〈YouTuberは馬鹿しかいないのか〉と厳しい声が巻き起こった。

 YouTuberの動画撮影をめぐるトラブルは、これまで何度も発生してきた。再生回数に応じて収益が得られる仕組みの中では、どうしても「話題になったもの勝ち」な部分が出てきてしまう。そのため過激な企画に走るYouTuberが相次ぎ、批判を集めた。

 しかし、なぜプライベートでのトラブルまで頻発するのか? はじめしゃちょーは2017年3月に二股交際を認めて謝罪、「みきおだ」のみっき〜は2021年7月、自宅に招いた未成年女性の飲酒黙認により無期限活動停止。そして、ワタナベマホトは同年3月に児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕された……。名だたるYouTuberたちが次々と不祥事を起こすせいで、クリーンなイメージを保つHIKAKINには「聖人」という呼び名がすっかり定着した。

 業界トップに君臨する人間たちがこれだけ多く不祥事を起こすというのは何か奇妙だ。もちろん知名度が高いぶん、プライベートが注目されやすいのは理由のひとつだろう。しかし、芸能界だと、スキャンダルを恐れて私生活に細心の注意を払う人物は少なくない。

 芸能界と比較して、YouTuberは私生活まで気をつけなくても問題ない環境に身を置いている。そう指摘するのは、ITジャーナリストの井上トシユキ氏だ。

「芸能人は何か不祥事を起こしたら、CMの違約金など莫大な損害が発生します。しかし、YouTuberは炎上や不祥事が大したデメリットになりません。

 かつてヒカルは『VALU』の“売り逃げ”騒動で無期限活動休止しましたが、数カ月で復帰し、現在は宮迫博之さんの後見人のようなポジションです。また、迷惑系YouTuberの代表格だったへずまりゅうは初公判で号泣謝罪したくせにネットに出戻り、いまやコムドットの騒音トラブルに物申すなど御意見番気取りです。

 つまりYouTuberはスポンサー契約などに縛られておらず、炎上後もやり方次第でいくらでもステップアップが可能なのです。こんな環境では、『私生活にも注意しよう』という意識は持てませんよね。炎上が致命傷にならないことに気づいているから、一部のYouTuberはやりたい放題なのでしょう」

「やりたい放題」が通用する環境になってしまっている以上、今後もYouTuber絡みの不祥事は続きそうだ。