嵐の櫻井翔(39)と相葉雅紀(38)の結婚が公式発表され、ファンの間で祝福の声が広がっている。名字から1文字ずつ取って通称“櫻葉”といわれるほど仲のいいことで知られる2人。その「同時ゴールイン」で、絆の強さが再注目されている形だ。

 櫻井と相葉といえば、「アンダーパンツ」のエピソードが有名だ。相葉は、毎年10枚以上のパンツを1月25日の誕生日にプレゼントしていることを公言している。2020年1月のラジオ番組の中で相葉は、毎年櫻井にパンツを贈っていることについて「1年間使い込んでるから、それがそろそろくたびれるじゃん。だから、『また、この1年履いてね』って。新調すると気持ちいいからね」と語っていた。

 2021年1月に相葉が体調を崩して療養していた際は、櫻井がお見舞いに行ったという。1月24日放送の『相葉マナブ』(テレビ朝日系)の中で相葉は、「お正月発熱しちゃって家にずっといたんだけど、翔ちゃんがね、フルーツとなんか色々持ってきてくれた。会ってはないけど、管理人さんに渡してくれて」と語り、そのお返しとしてやはり「アンダーパンツ10枚」をプレゼントしたと明かした。

 東京2020パラリンピックでは、ともにNHKでスペシャルナビゲーターを務めた2人が、閉会直前特番に出演。スタジオにいた相葉は、国立競技場でリポートしていた櫻井を呼ぶ際に、櫻井く〜ん!翔ちゃ〜ん」と声をかけ、櫻井が「翔ちゃんって!」と大笑いする姿が映し出された。この様子はファンの間で〈仲良し過ぎる!〉〈友達を呼んでるみたい〉と話題になった。

 相葉が櫻井に「オススメアンダーパンツ」を贈り続けた結果、2人のパンツはだいたいお揃いになっているらしい。過去には情報番組で共演した相葉と櫻井が、お笑い芸人の永野からパンツをチェックされ、同じ日に同じパンツをはいていることが明かされていたほどだ。

 今回の結婚発表が同時だったのも、そんな2人の仲の良さ、そして嵐のメンバーの絆の強さを知るファンへの思いが詰まったものだと言えるだろう。

 グループとしての活動休止を前に行われた2020年12月31日の無観客生配信ライブ『This is嵐 LIVE 2020.12.31』でも、5人の絆は多くのファンに伝わった。ライブのセットリストには、ファンへの思いが込められていたのだ。1曲目は『ワイルド アット ハート』。5人が活動休止を発表した記者会見場に流れた曲だった。仲間について触れた歌詞が、ファンの心に突き刺さった。活動休止前も、そして休止してからも、ファンとメンバーの絆を感じさせる5人──。

 櫻井と相葉は、結婚で新たなライフステージへ進むことになる。末永くお幸せに!