メガネ女子は、男性人気が高い。ひと昔前までは、私生活は謎に包まれていたタレントたちも、今はSNSで自らプライベートを発信する時代。美しい女優やモデルたちも、そんなSNS上では、敢えて仕事ではつけることのないメガネをかけた素顔を披露することも多い。

 女優・有村架純(28才)も、そんなキュートなメガネ女子の1人だった。9月下旬の都内で、出演舞台を終えたばかりの帰り際、送迎車に乗る間際の有村は、暗い夜にも色鮮やかなブルーのトップスに、黒のスキニーパンツを履いて、従来のイメージとは少し違う雰囲気の黒縁メガネに白マスク姿だった。大きなマスクで顔の7割が隠されても、かわいさが溢れ出ているところは、さすがである。

 あるスタイリストはこう話す。「長いコロナ禍の影響で、マスクに合うファッションがいろいろ生み出されるようになってきました。特にタレントさんは、街中で誰もがマスクをするようになったことで、顔バレがしなくなってきました。オシャレな帽子やメガネも着用することで、ファッションも楽しみながら、周りにもバレずに自由に動き回れる。より好都合なので、首からの上の顔周りのオシャレ度がアップしているのです」

 各メガネメーカーも、「メガネ女子」「メガネ男子」を流行らせようと躍起になっているのが現状だ。前出のスタイリストは「有村さんもパンツやブーツとメガネが似合っていますね。この青のトップスとともにクールにまとめられていて、さすがです」と続けた。

 有村は、今年もドラマに映画に演劇にと幅広く活躍中だ。4月クールは、同い年の菅田将暉(28才)のヒロイン役を演じた連続ドラマ「コントが始まる」(日本テレビ系)が好評価を得た。映画では、人気シリーズ「るろうに剣心最終章The Final/The Beginning」、三浦春馬さん(享年30)の遺作「映画 太陽の子」が立て続けに公開。そして、9月には新国立劇場で、舞台「友達」に出演していた。

 この10月8日からも、志尊淳(26才)と2人で、コロナ禍で懸命に生きる保育士や介護福祉士らを訪ね回るドキュメンタリー映画「人と仕事」が公開。その勢いは、今年もとどまるところを知らない。

 姉のグラビアタレント有村藍里(31才)は、整形手術を受けたことを自ら告白したりと、少々お騒がせぶりが話題となったが、当初は姉妹であることを明かしていなかった有村も、今では2ショット写真を公開したりと仲の良い部分を見せている。

 ある有村の知人は「もともと架純ちゃんは姉思い、家族思いの子。ただ、ことさら姉妹であることを強調していなかっただけでした。もう不動の人気を獲得したので、架純ちゃんは自由に行動しているのでしょうね」と明かした。

 メガネ女子の素顔のように、まだ隠されたままの魅力的な要素もいっぱい。引っ張りだこの状態は、今後も長く続いていきそうだ。